サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【外装/詳細/価格は?】改良新型アウディQ2発表 5月より発売予定

ここから本文です

【外装/詳細/価格は?】改良新型アウディQ2発表 5月より発売予定

【外装/詳細/価格は?】改良新型アウディQ2発表 5月より発売予定

4年ぶりの大幅刷新/2グレード用意

アウディは、コンパクトSUVのQ2シリーズを4年ぶりに大幅に刷新した。販売開始は2021年5月を予定する。

【画像】アウディQ2など【欧州コンパクトSUV/4モデルを比較】 全220枚

また、導入記念モデルとして、限定125台のQ2 1stエディションを設定する。

Q2シリーズは、2017年のデビュー以来、アウディのSUVモデルのなかで、4年連続販売台数ナンバー1を誇るモデル。

今回の改良では、デザインにブラシュアップを施し、8角形のシングルフレームの位置は従来よりもわずかに下げられた。フロントセクションの幅の広さが強調されシャープ印象となった。

ボンネット先端には往年のアウディ・スポーツ・クワトロのイメージを受け継ぐ3分割スリットを設けた。

さらに開口部が拡大したフロントバンパー、5角形のモチーフを取り入れた力強い印象のリアバンパー、新デザインのリアディフューザーなどにより、スポーティで存在感のあるデザインとなった。

ボディサイズは全幅1795mm、全高1530mm(アドバンスト)で、機械式立体駐車場に入庫可能。

ボディカラーにはアウディとして初となるアップルグリーンメタリックを含む5つの新色を設定。あわせてブレードのカラーラインナップを一新しした。

新たなグレード構成をアドバンストとSラインの2つとし、アドバンストのアンダーガードはシルバーに、サイドシルやブレードにはマンハッタングレーメタリックのコントラストペイントが施されている。

Sラインではアンダーガードとサイドシルはボディ同色となり、ブレードのコントラストペイントはセレナイトシルバーで、Sルーフスポイラーが備わる。

インテリアも刷新/限定車用意

インテリアでは、エアベントやシフトレバーのデザインを変更。ダイヤモンドペイントフィニッシュ・シルバーグレーのデコラティブパネルを配した。

またオプションのSライン・プラスパッケージを装着すれば、スポーツシートをはじめ、アルミニウムルックインテリア、マルチカラーアンビエントライティング、ステンレススチールフットペダル、ライトグラフィックのデコラティブパネルなどにより、スポーティさが強調される。

メーターパネル内には、12.3インチ液晶ディスプレイのアウディバーチャルコックピットを搭載。

このほか、MMIナビゲーションシステムや「アウディ・コネクト」、アウディ・スマートフォンインターフェイスなど、利便性の高いインフォテインメントシステムを搭載する。

ドライバーアシスタンスシステムとしては、従来のアダプティブクルーズコントロール、アクティブレーンアシスト、トラフィックジャムアシストを統合したアダプティブクルーズアシスト、サイドアシスト、プレセンスベーシック、ハイビームアシストをセーフティパッケージとして設定した。

パワートレインは、新開発の1.5L TFSIエンジンを搭載。高圧の直噴システムの採用などにより最高出力150ps、最大トルク25.5kg-mを発揮する。

7速Sトロニック・トランスミッションを組みあわせ前輪を駆動させる。エンジンが低負荷の際には2気筒となる気筒休止システムのシリンダーオンデマンド(cod)により燃費効率を高めた。

今回の改良に際し、導入記念モデルとしてQ2 35 TFSI Sラインをベースとした、限定125台のQ2 1stエディションを用意。

ボディカラーは、アップルグリーンメタリック、アローグレーパールエフェクトの2色。ともにコントラストペイント、マンハッタングレーのブレードを採用した。

この限定モデルは、コンビニエンス&アシスタンスパッケージ、ナビゲーションパッケージ、テクノロジーパッケージ、Sライン・プラスパッケージ、ブラックスタイリングパッケージのほか、アウディ・スポーツ19インチアルミホイールなどを標準装備。

ステアリングは右のみを用意。価格(税込)は、Q2 35 TFSIアドバンストが394万円、Q2 35 TFSI Sラインが430万円。限定車のQ2 1stエディションが544万円。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します