現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【外装/詳細/価格は?】改良新型アウディQ2発表 5月より発売予定

ここから本文です

【外装/詳細/価格は?】改良新型アウディQ2発表 5月より発売予定

掲載 更新
【外装/詳細/価格は?】改良新型アウディQ2発表 5月より発売予定

4年ぶりの大幅刷新/2グレード用意

アウディは、コンパクトSUVのQ2シリーズを4年ぶりに大幅に刷新した。販売開始は2021年5月を予定する。

【画像】アウディQ2など【欧州コンパクトSUV/4モデルを比較】 全220枚

また、導入記念モデルとして、限定125台のQ2 1stエディションを設定する。

Q2シリーズは、2017年のデビュー以来、アウディのSUVモデルのなかで、4年連続販売台数ナンバー1を誇るモデル。

今回の改良では、デザインにブラシュアップを施し、8角形のシングルフレームの位置は従来よりもわずかに下げられた。フロントセクションの幅の広さが強調されシャープ印象となった。

ボンネット先端には往年のアウディ・スポーツ・クワトロのイメージを受け継ぐ3分割スリットを設けた。

さらに開口部が拡大したフロントバンパー、5角形のモチーフを取り入れた力強い印象のリアバンパー、新デザインのリアディフューザーなどにより、スポーティで存在感のあるデザインとなった。

ボディサイズは全幅1795mm、全高1530mm(アドバンスト)で、機械式立体駐車場に入庫可能。

ボディカラーにはアウディとして初となるアップルグリーンメタリックを含む5つの新色を設定。あわせてブレードのカラーラインナップを一新しした。

新たなグレード構成をアドバンストとSラインの2つとし、アドバンストのアンダーガードはシルバーに、サイドシルやブレードにはマンハッタングレーメタリックのコントラストペイントが施されている。

Sラインではアンダーガードとサイドシルはボディ同色となり、ブレードのコントラストペイントはセレナイトシルバーで、Sルーフスポイラーが備わる。

インテリアも刷新/限定車用意

インテリアでは、エアベントやシフトレバーのデザインを変更。ダイヤモンドペイントフィニッシュ・シルバーグレーのデコラティブパネルを配した。

またオプションのSライン・プラスパッケージを装着すれば、スポーツシートをはじめ、アルミニウムルックインテリア、マルチカラーアンビエントライティング、ステンレススチールフットペダル、ライトグラフィックのデコラティブパネルなどにより、スポーティさが強調される。

メーターパネル内には、12.3インチ液晶ディスプレイのアウディバーチャルコックピットを搭載。

このほか、MMIナビゲーションシステムや「アウディ・コネクト」、アウディ・スマートフォンインターフェイスなど、利便性の高いインフォテインメントシステムを搭載する。

ドライバーアシスタンスシステムとしては、従来のアダプティブクルーズコントロール、アクティブレーンアシスト、トラフィックジャムアシストを統合したアダプティブクルーズアシスト、サイドアシスト、プレセンスベーシック、ハイビームアシストをセーフティパッケージとして設定した。

パワートレインは、新開発の1.5L TFSIエンジンを搭載。高圧の直噴システムの採用などにより最高出力150ps、最大トルク25.5kg-mを発揮する。

7速Sトロニック・トランスミッションを組みあわせ前輪を駆動させる。エンジンが低負荷の際には2気筒となる気筒休止システムのシリンダーオンデマンド(cod)により燃費効率を高めた。

今回の改良に際し、導入記念モデルとしてQ2 35 TFSI Sラインをベースとした、限定125台のQ2 1stエディションを用意。

ボディカラーは、アップルグリーンメタリック、アローグレーパールエフェクトの2色。ともにコントラストペイント、マンハッタングレーのブレードを採用した。

この限定モデルは、コンビニエンス&アシスタンスパッケージ、ナビゲーションパッケージ、テクノロジーパッケージ、Sライン・プラスパッケージ、ブラックスタイリングパッケージのほか、アウディ・スポーツ19インチアルミホイールなどを標準装備。

ステアリングは右のみを用意。価格(税込)は、Q2 35 TFSIアドバンストが394万円、Q2 35 TFSI Sラインが430万円。限定車のQ2 1stエディションが544万円。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

【値上げしてもまだまだお買い得】 アウディRS3セダン 今や希少な純ガソリン高性能車の価値
【値上げしてもまだまだお買い得】 アウディRS3セダン 今や希少な純ガソリン高性能車の価値
AUTOCAR JAPAN
“大型新人”セスクが母国ラリーへ。オジエも復帰の第8戦ラトビアは最多10台のラリー1が参戦
“大型新人”セスクが母国ラリーへ。オジエも復帰の第8戦ラトビアは最多10台のラリー1が参戦
AUTOSPORT web
「えっ…!?」初代インテRは新車で222万円だった!? 28年前に登場したホンダ初代「インテグラ タイプR」ってどんなクルマ? 海を渡った右ハンモデルの価値とは
「えっ…!?」初代インテRは新車で222万円だった!? 28年前に登場したホンダ初代「インテグラ タイプR」ってどんなクルマ? 海を渡った右ハンモデルの価値とは
VAGUE
史上最強・最速のスマートがさらに進化! ブラバスらしい個性派カスタマイズ
史上最強・最速のスマートがさらに進化! ブラバスらしい個性派カスタマイズ
レスポンス
イソッタ・フラスキーニの組織再編で、モータースポーツディレクターのベッロが退社。後任は同社CEO
イソッタ・フラスキーニの組織再編で、モータースポーツディレクターのベッロが退社。後任は同社CEO
AUTOSPORT web
「山の日」前後が激しい! 2024年お盆の高速道路の渋滞予測 10km以上は対前年で1.6倍
「山の日」前後が激しい! 2024年お盆の高速道路の渋滞予測 10km以上は対前年で1.6倍
乗りものニュース
SHAKAら有名ゲーム配信者がカートでガチ対決!…レッドブル・カート・マッドネス
SHAKAら有名ゲーム配信者がカートでガチ対決!…レッドブル・カート・マッドネス
レスポンス
強制撤去のボロボロ「不法放置バス」その後どうなった? 川崎市の損害「158万円」差し押さえもできず!? 未曾有の「車両放置事件」の顛末は
強制撤去のボロボロ「不法放置バス」その後どうなった? 川崎市の損害「158万円」差し押さえもできず!? 未曾有の「車両放置事件」の顛末は
くるまのニュース
トラックの「プシュッ音」はブレーキの作動! 乗用車の「油圧」とは違う「エアブレーキ」って何?
トラックの「プシュッ音」はブレーキの作動! 乗用車の「油圧」とは違う「エアブレーキ」って何?
WEB CARTOP
グーマガ 今週のダイジェスト【7/6~7/12】クルマの冷房、ちゃんと効いてますか?
グーマガ 今週のダイジェスト【7/6~7/12】クルマの冷房、ちゃんと効いてますか?
グーネット
まさかの緊急着陸/ハーツのポルシェは“レンタカー”/10年前も出場した14名etc.【WECサンパウロ木曜Topics】
まさかの緊急着陸/ハーツのポルシェは“レンタカー”/10年前も出場した14名etc.【WECサンパウロ木曜Topics】
AUTOSPORT web
トヨタ『GR 86』改良新型は“らしい走りの味”を深化、抽選販売の特別仕様も発表
トヨタ『GR 86』改良新型は“らしい走りの味”を深化、抽選販売の特別仕様も発表
レスポンス
タイヤ幅が狭くなる2026年のF1マシン。”テスト車両”がない中でも、現行同等のグリップ発揮にピレリ自信「そんなのは毎年一緒……新しいことじゃないよ」
タイヤ幅が狭くなる2026年のF1マシン。”テスト車両”がない中でも、現行同等のグリップ発揮にピレリ自信「そんなのは毎年一緒……新しいことじゃないよ」
motorsport.com 日本版
トヨタの「ハイラックス“ダイナ”」実車公開!? “商用トラック”合体させた迫力モデル! 唯一無二な「本格派」登場
トヨタの「ハイラックス“ダイナ”」実車公開!? “商用トラック”合体させた迫力モデル! 唯一無二な「本格派」登場
くるまのニュース
インディカーのハイブリッド時代が開幕。初戦は開発陣営がまさかの低迷、カギはマニュアル回生か
インディカーのハイブリッド時代が開幕。初戦は開発陣営がまさかの低迷、カギはマニュアル回生か
AUTOSPORT web
ホンダ新型「“軽”SUV」まもなく登場!? 超人気「軽スーパーハイトワゴン」に“待望”の「タフモデル」はいつ? 新型「N-BOX“クロスター”」誕生か
ホンダ新型「“軽”SUV」まもなく登場!? 超人気「軽スーパーハイトワゴン」に“待望”の「タフモデル」はいつ? 新型「N-BOX“クロスター”」誕生か
くるまのニュース
EV/PHEV向けに最適化、ブリッツの「イースロコン」と「スマスロ」に『クラウンスポーツ』が適合追加
EV/PHEV向けに最適化、ブリッツの「イースロコン」と「スマスロ」に『クラウンスポーツ』が適合追加
レスポンス
【2024年版】ダイハツ タント VS ダイハツ ムーヴキャンバスを徹底比較
【2024年版】ダイハツ タント VS ダイハツ ムーヴキャンバスを徹底比較
グーネット

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

417.0526.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

146.3498.0万円

中古車を検索
Q2の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

417.0526.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

146.3498.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村