サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > イベント > うぉぉ大迫力! 東武鉄道、鬼怒川線で初のSL大樹「重連」運転 10月1日実施

ここから本文です

 東武鉄道が2021年10月1日、復活運転後の鬼怒川線で初となる「SL大樹重連運転」を実施します。

 重連運転は動力源となる機関車を複数機連結して走らせる方法。一般的に急こう配区間などで力を増すために連結されます。1機でも珍しく迫力のあるSL機関車が2機連なって走る姿は……大迫力必至です。

【画像】「超レア? SL大樹重連運転」その他の画像

 東武鉄道は2020年12月に「SL大樹」をSL2機体制で運行する体制を整え、南栗橋車両管区内でSL大樹の重連運転を披露しました。今回は「営業運転」として鬼怒川線の下今市~鬼怒川温泉駅間を走ります。

おすすめのニュース

サイトトップへ