サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 横浜ゴム、新型コロナによる需要減で10年ぶりの赤字転落 2020年1-3月期決算

ここから本文です
横浜ゴムは5月22日、2020年1~3月期(第1四半期)の連結決算を発表、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大の影響で、最終損益は3億円の赤字。第1四半期としては2010年(4~6月)以来、10年ぶりの最終転落となった。

タイヤ事業は売上収益は前期を下回り、事業利益は販売数量の減少に加えて、生産量減少に伴う製造原価の悪化および北米におけるリコールに関連した在庫整理費用を計上したことなどにより減益となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ