サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIAがF1ハンガリーGPリザルト修正版を発表。ベッテルが2位から暫定失格扱いに変更。ハミルトンが2位に

ここから本文です
 F1第11戦ハンガリーGP決勝翌日の8月2日、FIAは決勝リザルトと選手権ランキングの修正版を発表した。それ以前に発表されたものには、セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)が2位に記載されていたが、最新バージョンではベッテルは暫定ながら失格扱いになっている。

 ベッテルは2位でフィニッシュし、表彰式にも出席したが、レース後、彼のマシンから規則で定められた1.0リットルの燃料サンプルを採取できなかったことで、失格を言い渡された。アストンマーティンはこれに対し、“上訴の意向”を正式に示した。

おすすめのニュース

サイトトップへ