サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ販売台数がV字回復? 「シエンタ」と「ノート」に共通する売れる秘策とは

ここから本文です

なぜ販売台数がV字回復? 「シエンタ」と「ノート」に共通する売れる秘策とは

■やっぱりトヨタはスゴい!? 同社最小ミニバンの売上回復の秘策とは

 2019年の新車市場で、ミニバンカテゴリでの販売台数ランキング首位を獲得したのは、年間11万880台を販売したトヨタ「シエンタ」(登録車総合3位)です。

トヨタ 新型「シエンタ」、歌舞伎顔がシンプルに! 5人乗り2列シートも新設定

 しかし、シエンタは発売直後からずっと売れ行きが好調だった訳ではないといいます。いったい、どのようにして下落した販売台数を再び伸ばしていったのでしょうか。

 シエンタは、2代目となる現行モデルが2015年7月に登場したコンパクトミニバンです。「アルファード」と「ヴェルファイア」を頂点にさまざまな車種を展開するトヨタのミニバンラインナップのなかでは最小のモデルとなります。

 そんなシエンタの現行モデル発売後の販売台数を見てみると、2015年の年間販売台数は6万3904台(総合10位)、2016年は12万5832台(総合3位)と、好調な滑り出しをみせました。

 そして、2017年は9万6847台(総合7位)となり、ミニバンカテゴリのなかでは引き続き上位だったものの、前年から約3万台ほど販売台数を落とす結果となります。

 一般的には、フルモデルチェンジから時間が経ったクルマは徐々に販売台数を落とすのが普通であるため、シエンタもその事例のひとつのように見られていました。

 しかし、2018年には9万4048台(総合5位)と前年と同レベルの販売規模を保ち、さらに2019年には11万880台と、販売台数をV字回復させたのです。

 シエンタにとって、2019年はミニバン初の月別登録車販売台数首位を、8月と9月の2か月連続で獲得するなど、カテゴリのなかで頭ひとつ抜ける存在となった1年となりました。

 はたして、シエンタの販売台数回復は何が要因だったのでしょうか。トヨタの販売店スタッフは次のように話します。

「シエンタは、2018年9月のマイナーチェンジで2列シートタイプの『ファンベース』が追加設定されました。これによって、3列目が必要ないという人にもシエンタが選択肢に入るようになり、さまざまなニーズに応えられるようになったのです。

 また、ハイブリッド仕様とガソリン仕様を選べることから、選択肢が多いという点でお客様から好評です」

※ ※ ※

 シエンタの売れ行き回復には、3列目シート無しの仕様が欲しいという、新たなユーザーニーズにも応えたことが効果的だったといえるでしょう。

■日産初の快挙! 「ノート」はどのようにして販売首位となったのか?

 シエンタが4年強のモデルライフのなかで販売台数を回復させたなか、より強烈なV字回復を実現したコンパクトカーが日産「ノート」です。

 ノートは、現行モデルが2012年9月に発売された日産の主力コンパクトカーです。2020年1月時点で発売から丸7年以上が経過している息の長いモデルといえます。

 現行ノートの販売台数は、2012年は8万5330台(総合7位)、2013年は14万7634台(総合4位)を記録します。しかし、2014年は10万6765台(総合6位)、2015年は9万7995台(総合5位)と、モデルライフを重ねるごとに販売台数は下落していきました。

 しかし、2016年は10万2402台(総合5位)と横ばいで、2017年は13万8905台(総合2位)と販売台数を一気に伸ばします。そして2018年には13万6324台を販売して登録車総合1位となりました。

 日産が暦年における年間販売台数首位を獲得したのは、これが初ということもあり、当時は大きな話題となりました。そして2019年も11万8472台(総合2位)の販売台数を記録し、コンパクトカーの販売台数首位を獲得。

 発売から8年目となったモデルとは思えない売れ行きとなっています。

 販売台数が上向いた2016年から2017年にかけて、いったい何があったのでしょうか。日産の販売店スタッフは次のように話します。

「現行ノートは、燃費の良さについて、とくにお客さまから好評いただいています。その要因としては、2016年11月に追加設定された電動モデル『e-POWER』によるものも大きく、お客さまから問い合わせをいただくことも多いです」

 販売店スタッフが例として挙げた「e-POWER」とは、エンジンを発電用に用いて、モーター駆動100%で走行するシリーズ型ハイブリッドシステムです。

 ノートが属するコンパクトカー市場では、販売上位の車種の多くにハイブリッドシステムが設定されています。

 売れ筋モデルとなるにはハイブリッド仕様の設定が重要となるのですが、そのようななかでノートは他社のハイブリッドシステムとは異なる「e-POWER」で差別化することで、売れ行きの大幅な回復を実現したということです。

※ ※ ※

 売れ筋モデルとなるために必要なのは、どのカテゴリのクルマであっても、ユーザーのニーズを汲むことであるといえるでしょう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します