サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トライアンフ スピードトリプルRS、クイックシフターキットでギア抜けのおそれ リコール

ここから本文です
トライアンフモーターサイクルズジャパンは2月26日、『スピードトリプルRS』クイックシフターキット装着車両のリンケージクランプに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2018年3月16日~2019年4月19日に製造された205台。

クイックシフターキット装着車両において、リンケージクランプの形状が不適切なため、シフトアップの操作時にセンサーが当該クランプと接触するものがある。そのため、シフトアップが不完全となり、最悪の場合、ギア抜けし、後続車に追突されるおそれがある。

おすすめのニュース

サイトトップへ