現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レクサスが新型「GX」世界初公開! 約14年ぶりに全面刷新! タフデザインのゴツ仕様を設定! 2023年末より世界で発売へ

ここから本文です

レクサスが新型「GX」世界初公開! 約14年ぶりに全面刷新! タフデザインのゴツ仕様を設定! 2023年末より世界で発売へ

掲載 更新 1
レクサスが新型「GX」世界初公開! 約14年ぶりに全面刷新! タフデザインのゴツ仕様を設定! 2023年末より世界で発売へ

■レクサスのボディオンフレーム車で初のハイブリッド仕様を新設定

 レクサスは米国・テキサス州オースティンで2023年6月9日、新型「GX」を世界初公開しました。
 
 これまで北米市場などを中心に展開されていたGXが約14年ぶりにフルモデルチェンジを遂げます。果たして何が新しくなったのでしょうか。

トヨタ「ランクルプラド」が全面刷新か 新型「ランクル250」説が有力!?

 GXは、高い悪路走破性と上質なインテリアを両立させた高級モデルで、ボディオンフレーム構造を採用した本格的な四輪駆動のオフローダーです。

 2002年の初代登場以来、世界約30の国と地域において、2023年3月末までに累計約54万台を販売しています。

 新型GXは、あらゆる道で上質な走りを実現させるべく、クルマのベースとなる体幹の部分から全てを刷新しました。

 ボディサイズは、全長4950mm×全幅1980mm×全高1870mm、ホイールベース2850mmです。

 レクサスにはほかにも、本格オフローダー「LX」をラインナップし、2022年1月には新型が登場しています。

 LXは新型GXに対しさらにひと回り大きく、ボディサイズは全長5100mm×全幅1990mm×全高1885mm、ホイールベース2850mmです。

 新型GXでは、この新世代LXにも採用された「GA-Fプラットフォーム」を採用しました。

 形式上は、伝統あるボディオンフレーム構造で従来と変わりませんが、いちから新開発し、高剛性かつ軽量な骨格に進化。優れた衝突安全性能とともに、静粛性と走りの質を向上させました。

 あわせて、組み合わされる車体の構造についても高剛性化が図られています。

 サスペンション形式は、フロントがハイマウントダブルウィッシュボーン式、リアがラテラルコントロームアーム付きの伝統的な4リンクリジッドサスペンションを採用します。

 オフロードの走破性とオンロードの操縦安定性を高次元で両立させたものだと、レクサスでは説明します。

 パワートレインは、2タイプを用意します。

 まず、3.5リッターV型6気筒「V35A-FTS」型ガソリンツインターボエンジンは、ダイレクトシフト10速ATとの組み合わせ。高出力・大トルクを発揮し、トレーラーのけん引可能重量はクラストップレベルの約3600kgを実現します。

 加えて新型GXでは、レクサスのボディオンフレーム車初となるハイブリッド仕様も新採用されました。

 ハイブリッドシステムの構成は、2.4リッター直列4気筒「T24A-FTS」型エンジンと、新開発されたダイレクトシフト8速ATの間に、モーターと湿式クラッチを一体化したフロントモジュールを組み合わせたものです。

 このようにクルマの体幹部分を刷新した新型GXは、世界中の厳しい環境下でテストを実施しながら、悪路走破性のみならず、オンロードでの走行性能もさらに進化を遂げています。

■本格オフローダー仕様「OVERTRAIL」も新たにラインナップ

 内外装デザインも進化を遂げました。

 外装はタフでモダンなプロポーションを目指し、オフロード走行での機能性を感じさせるエクステリアデザインとなっています。

 なかでもレクサスの象徴である“スピンドル”を塊で表現した「スピンドルボディ」とプロテクター形状を融合したフロント周りのデザインは印象的です。

 一方インテリアは、オフロードの極限状態で車両姿勢を感じ取れるよう、水平・垂直を基調としたシンプルな構成で造形。

 大型14インチのタッチ式センターディスプレイも低く配置し、視認性を向上させています。

 室内は、3列シート仕様を設定するほか、2列目席には左右独立タイプのキャプテンシートもしくは3人掛けベンチシートを選択可能としました。

 このほかにも新型GXでは、先進運転支援機能に最新の予防安全技術「Lexus Safety System +」を搭載し、長距離移動におけるドライバーの負担を軽減します。

 こうした新型GXのタフなキャラクターを一層極めたのが、新たにラインナップに加えられる本格オフローダー仕様「OVERTRAIL(オーバートレイル)」です。

 オフロード性能をさらに高める専用エクステリアデザインや、専用内外装カラーリングを採用したほか、走行性能を高める265/70R18サイズの専用オールテレーンタイヤを装着するなど、よりタフなイメージの内外装仕上げとしました。

 ボディカラーも、新規開発色「ムーンデザート」をはじめとする全6色を用意します。

 また、オフロードとオンロードの走行を高次元で両立する「E-KDSS(Electronic-Kinetic Dynamic Suspension System)」を、レクサス車で初めて採用します。

 加えて、最新のブレーキ制御技術「マルチテレインセレクト」「クロールコントロール」や「マルチテレインモニター」、専用シートなど、多くの専用アイテムを備えています。

 新型GXの開発を担当したレクサスインターナショナルの塚崎 公治氏は、次のように話します。

「新型GXでは、レクサスのアウトドアライフの世界観にフォーカスをあて、自然とクルマとの共生を目指すレクサスの新たな一面を感じ取って頂くべく開発を進めてまいりました。

『レクサス本格オフローダーのど真ん中を創る』をキーコンセプトとし、単なるモデルチェンジではなく、新たなページを創出するゲームチェンジャーがこのクルマです。

 いつでもどこへでも行ける高い性能は、まるでダイバーズウォッチのように所有する喜びをさらに高め、新たな体験をご提供できると確信しています」

※ ※ ※

 なおレクサスでは、新型GXを2023年末より順次各地域に展開していくとしています。

 ただしどの国から発売を開始するのか、また日本へ導入するのかなど、詳しい販売計画については明らかにしておらず、正式な発表を期待して待ちたいところです。

こんな記事も読まれています

なぜ日本はタクシーに執着するのか? ジャーナリストの私が京都で感じたライドシェアの可能性、忌避論はもはや病理である
なぜ日本はタクシーに執着するのか? ジャーナリストの私が京都で感じたライドシェアの可能性、忌避論はもはや病理である
Merkmal
狭っ! 「バイクもはみ出す!?」 右折させる気ある? 「激狭レーン」が話題! 九州にある驚き交差点とは
狭っ! 「バイクもはみ出す!?」 右折させる気ある? 「激狭レーン」が話題! 九州にある驚き交差点とは
くるまのニュース
カワサキ「Z e-1」 原付二種の電動バイクを2024年1月に発売
カワサキ「Z e-1」 原付二種の電動バイクを2024年1月に発売
バイクのニュース
外部パワーアンプに“ch数”違いがあるのはなぜ!?…キーワードから読み解くカーオーディオ
外部パワーアンプに“ch数”違いがあるのはなぜ!?…キーワードから読み解くカーオーディオ
レスポンス
普通二輪ハーレーの教習車「X350RA」の姿が判明! アメリカ本国でラインナップされる“ライディングアカデミー”仕様
普通二輪ハーレーの教習車「X350RA」の姿が判明! アメリカ本国でラインナップされる“ライディングアカデミー”仕様
WEBヤングマシン
ホンダ新型「グロム」登場! 5速MTエンジンや足回りは踏襲、国内導入は3月か【海外】
ホンダ新型「グロム」登場! 5速MTエンジンや足回りは踏襲、国内導入は3月か【海外】
WEBヤングマシン
2023年の中古車市場規模は3兆9062億円、中古車購入単価は過去最高の172.1万円に
2023年の中古車市場規模は3兆9062億円、中古車購入単価は過去最高の172.1万円に
@DIME
【最新モデル試乗】栄光のルノースポール最終車。ルノー・メガーヌR.S.ウルティムのレーシーな走りは味わう価値がある!
【最新モデル試乗】栄光のルノースポール最終車。ルノー・メガーヌR.S.ウルティムのレーシーな走りは味わう価値がある!
カー・アンド・ドライバー
1300馬力超えのトヨタ「爆速トラック」現る! 時速386kmの最速仕様が凄すぎる!? どんなクルマ?
1300馬力超えのトヨタ「爆速トラック」現る! 時速386kmの最速仕様が凄すぎる!? どんなクルマ?
くるまのニュース
グリルをハニカムパターンに変更してスポーティさを演出したアウディの新型「A6/A6 Avant/A7 Sportback」
グリルをハニカムパターンに変更してスポーティさを演出したアウディの新型「A6/A6 Avant/A7 Sportback」
@DIME
高齢者に新車を勧めるのは良いことか? 自動車ディーラーが抱える「道徳的ジレンマ」、事故の懸念が頭をよぎる
高齢者に新車を勧めるのは良いことか? 自動車ディーラーが抱える「道徳的ジレンマ」、事故の懸念が頭をよぎる
Merkmal
スズキ「Vストローム650」「Vストローム650XT」【1分で読める アドベンチャーバイク紹介】
スズキ「Vストローム650」「Vストローム650XT」【1分で読める アドベンチャーバイク紹介】
webオートバイ
やっぱ三菱はランエボよ!! ギャランにレグナムも復活切望!! 三菱はホントにSUVだけでいいの!?
やっぱ三菱はランエボよ!! ギャランにレグナムも復活切望!! 三菱はホントにSUVだけでいいの!?
ベストカーWeb
最高にカッコいい移動式ワンルーム! トヨタ ハイラックスがベースのキャンパー
最高にカッコいい移動式ワンルーム! トヨタ ハイラックスがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
1.8Lプリウスが燃費で圧倒!! コンパクトSUVトップは? WLTCモード燃費を偏差値で評価
1.8Lプリウスが燃費で圧倒!! コンパクトSUVトップは? WLTCモード燃費を偏差値で評価
ベストカーWeb
ACCがカーブで自動減速も! 新型スイフトは安全&運転支援も大進化だぜ!
ACCがカーブで自動減速も! 新型スイフトは安全&運転支援も大進化だぜ!
ベストカーWeb
ハッタリ? ホントは効果あり? ドリ車やヤン車のタイヤはなんでハの字になってるの?
ハッタリ? ホントは効果あり? ドリ車やヤン車のタイヤはなんでハの字になってるの?
ベストカーWeb
「冷えたバターを熱いナイフで切るような」とは、どんなシフトフィール?「アバルトの毒」は「跳ね馬」へのカウンターでした
「冷えたバターを熱いナイフで切るような」とは、どんなシフトフィール?「アバルトの毒」は「跳ね馬」へのカウンターでした
Auto Messe Web

みんなのコメント

1件
  • プラドのイメージもわいてきますね
    RV系は、空力無視した感じのデザインでいいと思います
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1250.01800.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

209.02250.0万円

中古車を検索
LXの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1250.01800.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

209.02250.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村