現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 13歳のカート世界王者がレッドブル・ジュニアチームに加入……成長著しいタイのモータースポーツ界に、アレクサンダー・アルボンが及ぼした”好影響”

ここから本文です

13歳のカート世界王者がレッドブル・ジュニアチームに加入……成長著しいタイのモータースポーツ界に、アレクサンダー・アルボンが及ぼした”好影響”

掲載
13歳のカート世界王者がレッドブル・ジュニアチームに加入……成長著しいタイのモータースポーツ界に、アレクサンダー・アルボンが及ぼした”好影響”

 2022年のFIAカート選手権OKジュニアクラスでチャンピオンに輝いたエンツォ・ターンヴァニチュクルが、レッドブル・ジュニア・チームに加入することが、2022年11月末に発表された。

 レッドブル・ジュニア・チームは、レッドブルF1のドライバーとなるための登竜門とも言える存在。かつてはマックス・フェルスタッペンやピエール・ガスリー、アレクサンダー・アルボン、角田裕毅らが参加しており、現在でもリアム・ローソンや岩佐歩夢など、次期F1ドライバー候補生との呼び声も高いドライバーらが数多く在籍している。

■日本人がF1に勝つのはいつか? 元ホンダの山本雅史「角田裕毅は日本の期待に応えられる存在」

 タイ人のターンヴァニチュクルは、まだ13歳。しかし彼は2022年のFIAカート選手権OKジュニアクラスのチャンピオンに輝いた。タイ人ドライバーがカートの世界王者になるのは、アルボンに続いて2人目だ。

 彼の戦いは簡単なモノではなかった。ターンヴァニチュクルはスーパーヒートでクラッシュするなどフィナーレは6番グリッドからのレースとなったが、そこからトップまで浮上し、勝利をもぎ取ったのだった。

「僕は全力を尽くした。そしてできる限り、自分の国を代表して走ろうとしたんだ」

 12月初旬に行なわれたFIAの表彰式で、ターンヴァニチュクルはそう語った。

「世界選手権の決勝に出ることができたタイ人ドライバーは、僕だけだったと思う。僕は、アレックス(アルボン)のように全力を尽くそうとしたんだ。その結果、考えうる最高の結果を得ることができた」

 アルボンは、自分の祖国であるタイを、強く誇りに思っている。それはターンヴァニチュクルも同様のようで「アレックスのように、インスピレーションをもたらしてくれた人々の足跡を辿りたい」と、13歳にして語った。

「おそらく他の国ほどモータースポーツで成功していない国を代表することで、自分自身に少しばかりプレッシャーをかけることになると思う」

「栄光を自分の国にもたらし、自分の国を最高の形で世間に示すと共に、自分自身のことはもちろん、自分の国のことも誇りに思いたいと思う」

「基本的にはアレックスが僕のベンチマークになると思う。彼は、F1で最も多くのことを達成したタイ人ドライバーだ。そして彼は、僕が打ち負かさなければいけない存在だ」

 ターンヴァニチュクルは、レッドブル・ジュニアチームの一員となったことで、F1への道筋が開かれたことになる。ただF1にたどり着くのは簡単なことではない。彼自身も、そのことを十二分に認識しているようだ。

「非常に権威のあるアカデミーだし、そこにいた多くのドライバーがF1まで辿り着いた」

 そうターンヴァニチュクルは語った。

「このように有名なアカデミーに参加できることは、最初はとても嬉しく思うモノだ。でも結果について考えると、少しプレッシャーを感じる。僕らは勝とうとしている。僕らは皆、コース上に出れば勝つことしか考えていない。そのことは、大きなプレッシャーになる」

「自分のクルマにレッドブルのような企業のロゴが付くことは、結果を残さなければいけないという意味で、プレッシャーが少し大きくなるんだ」

 レッドブルのジュニア・チームを率いるヘルムート・マルコは、非常に厳しい人物として知られている。しかしターンヴァニチュクルは、契約する前のミーティングでは、非常に暖かい人物だという印象を受けたという。

「彼は素晴らしい人物だと思う」

 そうターンヴァニチュクルは語る。

「彼はF1とル・マンで、実際にドライブした経験を持っている。そして彼は素晴らしい人だし、直接会った時には、非常に刺激的な人物だと感じた」

「テレビでは違う印象も受けたけど、でも実際に会ってみると、それは特別なことだと思った」

 ターンヴァニチュクルが素晴らしい才能を持っているということは、2年連続F1王者に輝いたフェルスタッペンの耳にも、マルコを介して既に入っているようだ。

「彼については、良いことをたくさん聞いているよ。今回トロフィーを受け取ったことが、既にそれを物語っている」

 そうフェルスタッペンは語った。

「ヘルムートは非常に興奮している。僕も彼に会えること、そして今後彼がどんなことを達成できるか、それを見るのを楽しみにしている」

こんな記事も読まれています

イゴール・オオムラ・フラガ、スーパーフォーミュラをドライブした2日後にeスポーツ大会で優勝。超多忙な”二刀流”レースキャリア「ずっと走っていられるのがメリット」
イゴール・オオムラ・フラガ、スーパーフォーミュラをドライブした2日後にeスポーツ大会で優勝。超多忙な”二刀流”レースキャリア「ずっと走っていられるのがメリット」
motorsport.com 日本版
[サウンド制御術・実践講座]イコライザー…スタンダードタイプと高度なタイプとでは何が違う?
[サウンド制御術・実践講座]イコライザー…スタンダードタイプと高度なタイプとでは何が違う?
レスポンス
インディアン スカウト ローグ 試乗インプレ【“クルーザー”という先入観を打ち消してくれるスポーティーさと軽快さが魅力】
インディアン スカウト ローグ 試乗インプレ【“クルーザー”という先入観を打ち消してくれるスポーティーさと軽快さが魅力】
WEBヤングマシン
ペレス、2024年以降の契約延長の鍵は継続的なマシンへの適応? 「後退する時もあった……シーズン中の進歩が問題」
ペレス、2024年以降の契約延長の鍵は継続的なマシンへの適応? 「後退する時もあった……シーズン中の進歩が問題」
motorsport.com 日本版
「斬新シフト」採用の日産「先進ミニバン」が高評価! “家族のミニバン”実現した「セレナ」がテクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー受賞
「斬新シフト」採用の日産「先進ミニバン」が高評価! “家族のミニバン”実現した「セレナ」がテクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤー受賞
くるまのニュース
6年ぶりの全面改良で3代目に進化! 日本上陸した新型「ミニ・カントリーマン」に設定された317馬力の高性能モデル「JCW」はどう変わった?
6年ぶりの全面改良で3代目に進化! 日本上陸した新型「ミニ・カントリーマン」に設定された317馬力の高性能モデル「JCW」はどう変わった?
VAGUE
レイズ「TE37」と双璧をなす「CE28」が N-plusに進化! 強度と軽さを追求したホイールは「スカイラインGT-R」にオススメです
レイズ「TE37」と双璧をなす「CE28」が N-plusに進化! 強度と軽さを追求したホイールは「スカイラインGT-R」にオススメです
Auto Messe Web
人気中古車実車レビュー【BMW X7】大迫力の最上級ラグジュアリーSUV
人気中古車実車レビュー【BMW X7】大迫力の最上級ラグジュアリーSUV
グーネット
セレナのe-POWERはEVへの橋渡し…御堀直嗣【日本カーオブザイヤー2023-2024】
セレナのe-POWERはEVへの橋渡し…御堀直嗣【日本カーオブザイヤー2023-2024】
レスポンス
トラック業界は必ずしも歓迎せず! トラックの高速の制限速度を80→100km/hに引き上げる案への声
トラック業界は必ずしも歓迎せず! トラックの高速の制限速度を80→100km/hに引き上げる案への声
WEB CARTOP
GB350をカフェレーサー化!【アクティブ GB350S試乗インプレ】セパハン&バックステップで行こう!
GB350をカフェレーサー化!【アクティブ GB350S試乗インプレ】セパハン&バックステップで行こう!
WEBヤングマシン
この良さに気がつかないとは……スーパーカー大王が「不人気フェラーリ」とか言われる4座モデルの魅力を語り尽くす
この良さに気がつかないとは……スーパーカー大王が「不人気フェラーリ」とか言われる4座モデルの魅力を語り尽くす
WEB CARTOP
真打ち登場? ランボルギーニ、新LMDhマシンでのIMSA初テストで1000km以上を走破。最速タイムも記録し「進歩に満足」
真打ち登場? ランボルギーニ、新LMDhマシンでのIMSA初テストで1000km以上を走破。最速タイムも記録し「進歩に満足」
motorsport.com 日本版
トヨタ新型「カムリ“クーペ”」初公開!? 「FF最大・最上級セダン」のデザインまとった爆速モデルに称賛の声! めちゃカッコイイ「ド迫力カムリ」米で発表
トヨタ新型「カムリ“クーペ”」初公開!? 「FF最大・最上級セダン」のデザインまとった爆速モデルに称賛の声! めちゃカッコイイ「ド迫力カムリ」米で発表
くるまのニュース
黒がテーマのオデッセイ純正アクセサリー! 上品なのに迫力マシマシの姿に買ったら付けたい欲が止まらん!!
黒がテーマのオデッセイ純正アクセサリー! 上品なのに迫力マシマシの姿に買ったら付けたい欲が止まらん!!
WEB CARTOP
ドゥカティの2025年MotoGPラインアップ、マルク・マルケスのファクトリー入りも!? 「候補のひとり」とチーム上層部
ドゥカティの2025年MotoGPラインアップ、マルク・マルケスのファクトリー入りも!? 「候補のひとり」とチーム上層部
motorsport.com 日本版
バカデカ排気量…じゃないけどハイパフォーマンス!レベル製プラモ「1969年型シボレー・カマロZ/28」【モデルカーズ】
バカデカ排気量…じゃないけどハイパフォーマンス!レベル製プラモ「1969年型シボレー・カマロZ/28」【モデルカーズ】
LE VOLANT CARSMEET WEB
日産ノートがマイナーチェンジ。内外装の質感をバージョンアップ
日産ノートがマイナーチェンジ。内外装の質感をバージョンアップ
Webモーターマガジン

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村