サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 先進感のあるデジタルコックピットに象徴されるフォルクスワーゲンの新型「ゴルフ」の進化

ここから本文です
電動化が加速する自動車業界において、各社が技術革新にしのぎを削っているが、一方でユーザーが輸入車に期待するのは個性。ドイツを代表するブランドの最新コンパクトカーに乗ってみた。

 フォルクスワーゲンのコンパクトカー『ゴルフ』は今年6月に、8年ぶりにフルモデルチェンジを果たし、8代目が登場した。この発表の2か月前にアウディのコンパクトカー『A3』も8年ぶりにフルモデルチェンジ。アウディの親会社はフォルクスワーゲンなので、この2車は共通点が多い兄弟車だと考える人も多いだろう。ところが乗り比べてみると、両社のクルマ造りの違いがよくわかる。

おすすめのニュース

サイトトップへ