サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「最新モデル試乗」400ps、2.5リッター直5ターボ搭載。アウディ最新のスポーツSUV、RS Q3の戦闘力

ここから本文です

「最新モデル試乗」400ps、2.5リッター直5ターボ搭載。アウディ最新のスポーツSUV、RS Q3の戦闘力

SUVながら0→100km/h加速4.5秒の俊足! 注目は心臓部

 Q3シリーズの最強バージョン、RS・Q3が上陸した。RS・Q3は、アウディSUVの末弟、Q3のスポーティなキャラクターを鮮明にしたイメージリーダー。ブランドの「財産」でもある2,5リッターの直列5気筒ターボを搭載する。SUVながら0~100km/h加速を4.5秒でクリアするハイパフォーマンスの持ち主だ。

大幅アップデートを果たしたアウディQ2が日本デビュー。発売は本年5月に開始

 新型ES・Q3の注目ポイントは、従来以上に戦闘力を高めた心臓部にある。2480ccの直5DOHC20Vターボは、クランクケースのアルミ化を筆頭に全面刷新が図られた。パワースペックは400ps/5850~7000rpm、480Nm/1950~5850rpm。最高出力は旧型比で30ps以上もパワフル。圧倒的なパワーエリートぶりを誇る。トランスミッションは7速DCTとの組み合わせだ。

 スタイリングは鮮烈。ブラックのハニカムメッシュを採用したシングルフレームグリルや、本格ディフューザー処理が施されたリアバンパーは、「走り」にこだわったRS・Q3ならでは、といえる。試乗車は、RSデザインパッケージやフロントセラミックブレーキ、RSスポーツエキゾーストシステムのオプションアイテムを装着。足元が標準比で1インチ増しとなる21インチだった関係もあり、見た目の精悍さはいちだんとアップしていた。ルーフレールが未装備という点も、通常ボディに対してより低重心感を強調する要素である。

3500rpm以上で本領発揮! 鋭い加速が堪能できる

 クーペ調のルーフラインを採用するため、後席乗降時に頭部の運びがややタイトであるのは事実。が、ひとたび乗り込んでしまえばパッケージングは優秀。大人4名が無理なく長時間を過ごせる空間が確保されている。
 感心したのは巧みなインテリアの「雰囲気作り」だ。立体感の強いシートと各部のインテリアエレメントに採用されたアルカンターラが、スポーティかつ上質な印象を盛り上げていた。

 走りは鮮烈。「5気筒サウンド」が明確になる3500rpm以上の領域こそが、RSの名にふさわしい加速性能の真骨頂。一方、街乗りシーンでも力強い走りが味わえるのはうれしい。ハンドリングにも目を見張る。ワインディングロードでは機敏な身のこなしを見せ、良路では路面をヒタヒタと捉える「期待を超えた快適性」が味わえた。これは電子制御式の可変減衰力ダンパー「RSダンピングコントロール・サスペンション」の効用も大きかったようだ。
 RS・Q3はアウディQモデルの中にあって、飛び切りスポーティなキャラクターが与えられた1台。走り好きに最適なスペシャルモデルである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します