サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ベッテル、グロージャンの事故に衝撃「ガードレールがあんな壊れ方をしてはいけない」|F1バーレーンGP

ここから本文です

 F1第15戦バーレーンGPのオープニングラップで、背筋が凍る大クラッシュが発生した。ロマン・グロージャン(ハース)がダニール・クビアト(アルファタウリ)と接触してコントロールを失い、コースサイドのガードレールに高速でぶつかったのだ。

 衝撃でグロージャンのマシンは真っ二つに。コックピットを含むモノコックが金属製のガードレースに埋まってしまった状態で漏れ出たガソリンに引火し、爆発的な火災が発生した。

■バーレーンGP、大クラッシュ発生で赤旗中断。火の手上がるもグロージャンの命に別条なし

 しかしグロージャンは自らマシンを脱出し、ガードレールを乗り越えた。そして現場に駆けつけたFIAのメディカルスタッフに迎えられ、現場を離れることができた。

おすすめのニュース

サイトトップへ