サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ「プリウス」は首位奪還できた? 幅広い層から支持される理由とは

ここから本文です

■2019年でもっとも売れた「プリウス」、その理由とは

 日本自動車販売協会連合会が発表した登録車販売台数ランキングにおいて、トヨタ「プリウス」は12万5587台を記録し、2019年1月から12月でもっとも売れた登録車となりました。

トヨタ「ランクル70」に復活の兆し!? 再販も噂される謎の試作車の正体とは

 現行モデルとなる4代目プリウスは2015年に登場しましたが、プリウス史上もっとも売れた3代目プリウスの人気から一転、登場当初は「歌舞伎顔」と比喩されるフロントのデザインなどに賛否が分かれ販売台数が伸び悩んだ時期もありましたが、2018年12月のマイナーチェンジ後には順調に売上を伸ばしています。

おすすめのニュース

サイトトップへ