サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキRG250Γヒストリー(RGV250Γ・VJ22A編 1990-1995)

ここから本文です
1983年にデビューしたスズキRG250Γを祖とする、RG-Γシリーズの足跡を辿るシリーズ第4回は、ついに1990年代に突入。搭載される2ストロークV型2気筒エンジンは熟成され、この1990年からは同車名ながら型式はVJ22へと変更される。今回は同モデルについて紹介。

基本性能を高めたVJ21が取った次のステップは、めっきシリンダー化などの細部進化や右2本出しの排気チャンバー採用。同時に湾曲スイングアームや倒立フロントフォーク、前後17インチホイールを採用しての機能向上を行い、これらによってVJ22型になる。

おすすめのニュース

サイトトップへ