サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ハチロクチューンのオーソリティが手がけた超攻撃的AE86」2.0Lターボ勢を軽くチギる戦闘力!

ここから本文です

「ハチロクチューンのオーソリティが手がけた超攻撃的AE86」2.0Lターボ勢を軽くチギる戦闘力!

1万回転オーバーも許容する197psのハイレスポンス4A-Gを搭載!

インジェクターのセットポイントにも秘訣あり!

「絶対にぶつけられないフルカーボンFD3S登場!」心臓部は3ローターツインターボで700馬力を発生!

ハチロクチューンのオーソリティとしても知られる、テクノプロスピリッツが煮詰めたレース仕様の登場だ。

エンジンはAE92後期ベースで、腰下に戸田レーシングの82φピストンおよび、JUNのコンロッドとフルカウンタークランクをセット。ヘッドは戸田レーシングのハイカム(IN304度11mmリフト EX310度10.7mmリフト)の投入を軸にくまなく手を入れ、1万rpmオーバーでも音を上げない強靭なパワーユニットを創出した。

そして吸気には、5バルブ4A-G用の4連スロットルをインストール。一般的に5バルブ用の4連スロットルを流用する場合、インジェクターは純正位置にセットすることが多いが、このハチロクは燃料系統の取りまわしを大きく変え、インマニ下側からスロットルの手前にインジェクターをセットしている。これにより、インジェクターから燃焼室までの距離を大きくとれて霧化率が大幅にアップし、繊細なセッティングが可能になったという。

さらに、インマニをショート化しつつスロットルからファンネル先端までの距離を長く取ることで、レスポンスの向上と低速域のトルク確保も果たしている。

制御は4A-Gチューンの定番とも言えるフリーダムのフルコン。点火時期とともに綿密なエンジンマネージメントを行うことで、フルチューンユニットとは思えないほどスムーズなフィーリングを実現している。

一方、エクステリアはターボ車なみの開口部を持つフロントバンパーを含めて、エアロパーツはほぼスピリッツオリジナル。特にフロントバンパーはリップ部が大きくせり出し、フロントに強いダウンフォースがかかる設計だ。開口部内にはオイルクーラーや導風板が仕込まれ、走行風を効率良く冷却などに使う。ボンネットには吸気用ダクトも確認できる。

オリジナルのサスキットのリヤダンパーは別タンク式の大容量。等長リンク化されているのでホーシングの動きもしなやかだ。ダンロップのスリックタイヤ(225-585-15)に対するスプリングレートはフロント10kg/mm、リヤ7kg/mmのセットとなる。

ハチロクチューンを知り尽くしたテクノプロスピリッツらしい質実剛健のメイキング。サーキットにおける速さは2.0Lターボ勢と同等以上、筑波を1分フラットで周回するほどだ。

●取材協力:テクノプロ スピリッツ 埼玉県川越市小中居945-1 TEL:049-235-4886

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します