サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 経済産業省と中小企業庁、家賃支援給付金 7/14に申請受付スタート 中小企業で最大600万円

ここから本文です
 経済産業省と中小企業庁は7日、新型コロナウイルス感染症の影響で売り上げが減少した事業者を対象にした「家賃支援給付金」の申請受付を14日にスタートすると発表した。中堅・中小企業には最大600万円、フリーランスを含む個人事業主には最大300万円を一括支給する。店舗の賃借料だけでなく、駐車場や資材置場で使用している地代も対象となる。経産省や中企庁では約250万事業者の利用を想定しており、固定費の負担軽減につなげる狙い。梶山弘志経済産業相は「事業継続の下支えにつなげていく」考えを示した。

 家賃支援給付金は2020年度の第2次補正予算で成立。

おすすめのニュース

サイトトップへ