サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2000年代に大流行したフランスメーカーの人気が再燃!? いま「プジョー」が好調な理由とは

ここから本文です

2000年代に大流行したフランスメーカーの人気が再燃!? いま「プジョー」が好調な理由とは

■14年ぶりに登録台数1万台を突破

 日本自動車輸入組合(JAIA)は、2020年4月に2019年度(2019年4月~2020年3月)の輸入車新規登録台数を発表した。その内容を見ると、2019年度の外国メーカーによる輸入車新規登録台数は29万2109台で、前年度(30万7682台)よりも5.1%の減少となっている。

これが「プリウス」なの!? 「フェラーリ」そっくりなプリウスが登場!

 これは全体としてはあまり良い数字ではなく、輸入ブランド別で1位のメルセデス・ベンツ、2位のフォルクスワーゲン、3位のBMW、6位のミニは前年比マイナス。調子の悪い上位陣に対して、その下のアウディ、ボルボ、ジープ、プジョーが前年比プラスを守っている。

 なかでもプジョーは1万335台と、前年比103.5%のプラスとなった。2019年1月から12月の暦年の記録でも、前年比107.5%の1万626台を記録している。

 プジョーが年間1万台を突破したのは、じつは2006年以来となる。つまり、14年ぶりの快挙となるのだ。前年からの増加分はわずか数百台ではあるけれど、プジョーの前年比プラスは2014年から5年連続となるもの。地味ではあるけれど、着実に成績を伸ばしてきているのだ。

 ちなみにプジョーが過去最高の販売台数を記録したのは、2003年暦年の1万5330台。当時は、コンパクトハッチバックの「206」が大ヒット中であり、Cセグメントハッチバックである「307」も新型が投入されたばかり。2003年のモデル別販売台数の内訳は、206が8657台、307が5391台。じつはこの2モデルだけで楽々と1万台を突破していたのだ。

 では2019年はどうかというと、JAIAが発表する「外国メーカー車モデル別新車登録台数順位の推移」を見ると、20位までのランキングにプジョーの名はない。

 ランキングの20位は、アウディQ2の4581台だ。つまり、2019年のプジョーは1モデルで4581台を超えて売れたモデルが存在していない。2003年のときは好調な2モデルの売れ行きに引っ張られる形で販売台数を伸ばしたが、2019年のプジョーはラインナップ全体が少しずつ売れることで、トータルの数字を伸ばすという形であったのだ。

■MPVの「リフター」やコンパクトハッチの新型「208」の上陸が起爆剤になる

 それではプジョーは2019年、どんなニュースがあったのだろうか。

 目立つのは、フラッグシップモデルとなる新型「508」の3月からのデリバリー開始だ。2019年3月のプジョーの新車登録台数は1452台を記録している。だいたい600台から1000台ほどで推移する2019年の月間販売台数で、3月が一番多い月となった。この増加分だけでも、前年比プラス分に相当する。

 では508以外に新型車は? といえば、2019年の新型車投入はなかった。その代わりに、新パワートレインの導入が進められた。

 まず、5月に「308」に1.2リッターのガソリンターボエンジンと8速ATの新型パワートレインを追加した。同月、SUVの「3008」と「5008」にも1.6リッターのガソリンターボエンジンと8速ATの新パワートレインを追加している。

 ちなみに10月にはMPVの新型「リフター」を先行発売。なんと1日で予約完売するほどの人気を集めている。ただし納車は2020年なので、販売台数の貢献は2020年からとなる。

 また、プジョーは過去3年のうちに日本市場に「2008」「3008」「5008」という3台の新型SUVを投入してきた。つまり、2019年のプジョーの1万台突破は、こうした新型SUVたちと新型508の貢献によって実現したといえるだろう。

 さらに見逃せないのが販売網の強化だ。

 プジョーは2002年より、販売店をブルーボックスという新CIでの統一を進めてきた。ブルーボックスとは、ディーラーの店舗をプジョー・ブルーと呼ばれるブルーで、かつボックス形状のシンプルな外観にするもの。そのブルーボックス化を約15年かけて、日本全国の販売拠点に展開。2017年には、そのほとんどをブルーボックス化することに成功している。

 全国に78ある販売拠点のすべてブルーボックス化できていることは、ブランドアピールには大きな力になっているはずだ。

 まとめてみれば、プジョーの最近の好調さは、SUVをはじめとするラインナップの拡充とたゆまない製品のブラッシュアップ、そして販売網の強化に理由があるといえるだろう。言ってしまえば、基本中の基本だ。派手なヒット車がなくとも、販売を伸ばせたのは地力を高めたとも表現できる。

 そんなプジョーに2020年に新たに投入されるのが、前述にあるとおり事前販売で大人気を集めたMPVであるリフターだ。

 また、欧州では新型208もすでに発表されている。コンパクトな208は、プジョーの主力モデルのひとつ。2003年当時のプジョー躍進にも208の先々代モデルである206が大いに貢献したように、今後のプジョーにとって新型208の投入は大きな期待となる。

 現在のコロナ騒動によって、クルマの販売は苦境に立たされている。しかし、それが収束してしまえば、プジョーには明るい未来が待ち構えているといえるだろう。地力がついたところに、リフターと新型208という新型車が追加されるのだ。

 うまくいけば、2003年の1万5330台を超える成績も夢ではないかもしれない。2020年は無理であろうが、2021年のプジョーには相当に期待できるはずなので、注目したい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します