サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > IMSA:マツダにDPi初優勝をもたらしたティンクネルが契約延長「将来にわくわくしている」

ここから本文です

 IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権に、マツダのDPiマシンで参戦しているハリー・ティンクネルが、マツダのオペレーションを担うマルチマチック・モータースポーツとの契約を延長、複数年契約にサインした。

 28歳のイギリス人であるティンクネルは2016年、マルチマチック社が製作を手掛けたフォードGTで世界耐久選手権(WEC)に参戦するプログラムにおいて最初に契約を結んだドライバーだが、現在活動を拡大中のマルチマチック社との仕事をさらに延長した形だ。

IMSA:マツダ、ヨースト・レーシングと袂を分かつ。後任は技術パートナーのマルチマチックが担当

 ティンクネルの2020年シーズンの活動の主眼は、マツダのファクトリーDPiプログラムに置かれている。

おすすめのニュース

サイトトップへ