サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 電力データとAIで宅配便の再配達を削減 佐川急便など実証実験へ

ここから本文です
佐川急便は7月9日、電力のデータとAI(人工知能)を活用して荷物の再配達を削減する実証実験を2020年秋ごろ、横須賀市で実施すると発表した。

佐川急便は、日本データサイエンス研究所(JDSC)、東京大学大学院・越塚登研究室・田中謙司研究室と「AIと電力データを用いた不在配送問題の解消」についての共同研究を進めてきた。今回、新たに横須賀市とグリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合(GDBL)が参画、5者で取り組むことに合意し、2020年秋ごろ、横須賀市でフィールド実証実験の実施に向けて準備する。

おすすめのニュース

サイトトップへ