サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーフォーミュラ】ホンダ/M-TECエンジン勢の速さを警戒する前年王者ニック・キャシディ、中でも福住仁嶺をマーク

ここから本文です

【スーパーフォーミュラ】ホンダ/M-TECエンジン勢の速さを警戒する前年王者ニック・キャシディ、中でも福住仁嶺をマーク

【スーパーフォーミュラ】ホンダ/M-TECエンジン勢の速さを警戒する前年王者ニック・キャシディ、中でも福住仁嶺をマーク

 2019年、山本尚貴(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)らとの激しいチャンピオン争いを制し、悲願のスーパーフォーミュラ初タイトルを獲得したニック・キャシディ(VANTELIN TEAM TOM’S)。2020シーズンは連覇を目指すこととなるが、福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)をはじめとするホンダ/M-TECエンジン勢の速さは侮れないと考えている。

 新型コロナウイルスの流行により序盤戦のレースが次々と延期になり、開幕に向けて正確な見通しが立っていない2020年のスーパーフォーミュラ。そんな中で3月24日(火)と25日(水)には、パドックへの一般入場を禁止するなど厳戒体制の下で富士公式テストが実施された。

■「トムスと出会って人生が変わった」ニック・キャシディの歩みと“これから”

 キャシディは初日こそ下位に沈んだが、2日目の午前には6番手タイムを記録。概ね納得のいくテストができたようだ。

「初日のパフォーマンスが目標としていたものではなかったことは明らかだ。僕のタイムは他のトヨタ勢と比べれば問題ないものだったと思うけど、正直なところホンダ勢からは少し遅れをとっていた」

「2日目はもっとパフォーマンスランのようなものを予定していたけど、結局やらなかった。新品のタイヤを履いてコースに出ていったけど、アウトラップでトラブルが発生してそのままピットに戻ったんだ。でも、全体的に今回のテストはとても満足できるものだった。テストの順位には特に意味はないけど、少なくともトヨタ陣営の中では一歩前に出られたんじゃないかな」

 そう語ったキャシディだが、昨年に引き続きホンダ勢の速さを警戒している様子。昨年のスーパーフォーミュラでは、7戦中5戦でホンダ勢がポールポジションを獲得している。現に今回のテストでも、DOCOMO TEAM DANDELION RACING、TCS NAKAJIMA RACING、TEAM MUGENの面々がコンスタントにタイムシートの上位につけていた。

「彼らの速さは今に始まった事ではない」とキャシディ。

「富士のような長いストレートのあるトラックでは、彼らは僕たちと同じトップスピードでありながら、僕たちよりもダウンフォースがあってコーナーで速いんだ。とはいえここはまだマシな方で、鈴鹿だともっと厳しい戦いになると思う」

 中でも誰の速さが際立って見えるかという質問にキャシディは、スーパーフォーミュラフル参戦2年目となる福住の名前をあげた。ホンダ期待のホープとしてヨーロッパに渡り、現在F1で活躍しているドライバーたちと渡り合ってきた福住のポテンシャルを、キャシディは高く評価しているようだ。

「それ(調子が良さそうに見えるドライバー)は福住だ。これは昨年から言っていることだ。彼は昨年の後半にはチームメイトの(山本)尚貴を上回ることもあった。彼がまた自分自身の速さを示せていることを嬉しく思うよ」

「彼はGP3で1年目には(シャルル)ルクレール、(アレクサンダー)アルボン、(ニック)デ・フリーズ、2年目には(ジョージ)ラッセル、ジャック(エイトケン)らとチームメイトになり、彼らと競い合うことで優秀なドライバーであることを証明した。そしてFIA F2に昇格したけど、あの(チーム)状況は不運としか言いようがなかった」

 2020年のスーパーフォーミュラは、5月開催予定だった第3戦オートポリスまで延期が決定済み。6月開催予定の第4戦SUGOもチケット販売日が延期されている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します