サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタが6月発売の新型車からディスプレイオーディオをApple CarPlayとAndroid Autoに標準対応

ここから本文です

トヨタが6月発売の新型車からディスプレイオーディオをApple CarPlayとAndroid Autoに標準対応

2020年4月10日、トヨタ自動車はディスプレイオーディオの機能を強化することを発表した。

すでに納車されたクルマにも順次対応
トヨタが新型モデルに相次いで標準装備している、7~9インチのタッチパネル式の画面「ディスプレイオーディオ(DA)」。スマホとDAを接続することで地図表示や経路案内、電話、音楽などのアプリを操作できるほか、運転中のハンズフリー通話にも対応している。

【くるま問答】トヨタ2000GTのサイドにある四角い部分には、いったい何が入っているのか?

2019年9月にフルモデルチェンジしたカローラ/カローラツーリングで初搭載して以降、ライズやヤリスなど採用モデルを増やしてきている。フルモデルチェンジのタイミングだけでなく、アルファードやカムリなど一部改良と同時に標準装備となったモデルもある。

このDAには従来、アップル社の「Apple CarPlay」とグーグル社の「Android Auto」を画面上で操作できるようにする機能をオプションとして設定してきた。ところが6月に登場する次の新型車からこのオプションを標準装備とすることを発表した。スマホでの操作に慣れたアプリをクルマのディスプレイ上で操作できるのは安心感にもつながる。

しかも、すでに納車されているDA装着車についても、T-Connect通信を介してのバージョンアップによって同機能を付与していくという。こちらは6月中旬以降の対応を予定している。

[ アルバム : ディスプレイオーディオ(DA) はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します