サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > セバスチャン・ベッテル「ポイントのためには“狐みたいにずる賢く”なれ!」鍵はタイヤマネジメント?|F1バーレーンGP

ここから本文です

 バーレーン・インターナショナル・サーキットで行なわれているF1第15戦バーレーンGP。その予選でフェラーリ勢は苦戦し、セバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールは共にQ2で敗退。それぞれ11番手と12番手から決勝レースに挑むこととなった。

 ベッテルが予選Q3へ進めないのは、これで実に11戦連続のこと。彼はQ2終了後の無線で敗退を知ると、苛立ちを顕にしていた。 

■「クルマの感触は良い」予選自己ベストのアルボン、メルセデス勢の“悩みの種”に?

「予選はタフだしタイトだった」と、ベッテルは語る。

「セクター2は理想的ではなかったと思うし、ジョージ(ラッセル)に接近しすぎていた。それも助けにはならなかったと思う。

おすすめのニュース

サイトトップへ