サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 唯一無二! ロータリーエンジンのバスがあった!? 高性能エンジンを搭載した珍車3選

ここから本文です

唯一無二! ロータリーエンジンのバスがあった!? 高性能エンジンを搭載した珍車3選

■高性能エンジンを搭載した珍しいクルマたち

 高性能なエンジンというと、スポーツカーなど見るからに速そうなクルマに搭載されるのが一般的です。

「レビン」復活か トヨタが新型「カローラ セダン」を世界初公開

 しかし、スポーツカーとはいい難いクルマに、高性能エンジンを搭載したケースも存在。

 そこで、ハイパワーなエンジンが似合わないクルマを3車種ピックアップして紹介します。

●日産「アベニール GT4」

 日産「アベニール」は1990年に発売されたステーションワゴンです。初代は比較的オーソドックスなスタイルのワゴンでしたが、1998年に発売された2代目では、よりスタイリッシュなデザインに変わります。

 このアベニールには、「パルサーGTI-R」や「シルビア」などに搭載され、名機といわれた「SR20DET型」エンジンと、フルタイム4WDシステム「アテーサ」を組み合わせて搭載した「アベニール GT4」がラインナップされていました。

 アベニール GT4のSR20DET型エンジンは2リッター直列4気筒ターボで、最高出力は230馬力を誇りました。

 当時の日産はSR20DET型エンジンを、同じくステーションワゴンの「ルネッサ」、ミニバンの「プレーリーリバティ」にも搭載するなど、高性能グレードを拡充。

 ステーションワゴンやミニバンに高性能エンジンとフルタイム4WDという組み合わせは、ほかにはないユニークなものでしたが、トランスミッションは4速ATのみとなっており、スポーティさという点では中途半端な印象です。

 しかし、どのモデルも後の車種整理によって消滅し、後継車では高性能版は設定されなかったため、いまとなっては貴重なモデルではないでしょうか。

●三菱「ブラボー MZ-G」

 現在、日本でもっとも売れている軽ハイトワゴンが登場する以前、軽自動車のワゴンといえばワンボックスタイプの商用バンをベースにしたものが主流でした。

 この三菱「ブラボー MZ-G」も商用バンの「ミニキャブ」をベースにしたモデルで1991年に発売されました。

 ブラボー MZ-Gに搭載されたエンジンは、64馬力を発揮する直列3気筒DOHC15バルブターボです。

 3気筒15バルブということは1気筒あたり5バルブ。これはF1のエンジンにも採用された手法で、吸気バルブを3本、排気バルブを2本とすることで多くの空気をエンジンに取り込むことができ、高回転化にも有利になります。

 これまで市販車で5バルブエンジンを採用したのは、国産メーカーでは三菱とトヨタ、ヤマハのみで、海外ではフェラーリとフォルクスワーゲン、アウディくらいです。

 軽ワンボックスワゴンに高性能エンジンが搭載された理由としては、単純に当時の三菱は軽自動車の高性能グレードに5バルブエンジンを搭載するのが通例となっていたことが挙げられ、「ミニカ」「パジェロミニ」「タウンボックス」などにも搭載されていました。

■高性能エンジンを搭載したマイクロバスは、意外と好評だった!?

●マツダ「パークウェイ26」

 現在、マツダの自社製商用車は「ボンゴ」のみですが、元々は3輪トラックの製造からスタートしていたメーカーだったため、かつてはさまざまな商用車を製造していました。

 その一例として、1972年には豪華なマイクロバスを求めるニーズに対応して「パークウェイ」が発売されています。

 外観は当時としてはモダンなスタイルを採用し、室内も快適なシートを配した26人乗り(13人乗りもあり)で、ラジオや3段切り替えの強力なヒーターを標準装備し、ソフトな天井トリムを採用するなど高級感のある内装のマイクロバスでした。

 そして、1974年にはロータリーエンジンを搭載したマイクロバス「パークウェイロータリー26」がラインナップに加わります。

「ルーチェAPグランツーリスモ」と共通の654cc×2ローターの「13B型」ロータリーエンジンは、最高出力135馬力を発揮。車重2800kg以上ある巨大な車体を、最高速度120km/hで走らせることが可能でした。

 ロータリーエンジンならではの優れた静粛性と低振動は高く評価され、さらに当時の排出ガス規制値を大幅に下まわる優れた環境性能を発揮。

 しかし、ディーゼルエンジンに比べると燃費が著しく悪かったため、生産期間は2年と短命に終わりました。

 1982年にディーゼルエンジンを搭載した2代目パークウェイが発売されますが、1995年に販売を終了するとマツダはマイクロバスの製造から撤退していまいました。

※ ※ ※

 現在はクルマのキャラクターにそぐわない高性能エンジンを搭載するモデルは、ほとんど見られなくなりました。

 現行モデルでは、301馬力を発揮する3.5リッターエンジンを搭載したミニバンのトヨタ「アルファード/ヴェルファイア」がありますが、主流はハイブリッドモデルです。

 維持費などを考慮すると仕方がないことなのかもしれませんが、ワクワクするようなスペックのクルマが少なくなったのも否めません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します