サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 鈴木亜久里、F1ルーキーイヤーの角田裕毅に金言「“ホイールスピン”しちゃってる。まずはひとつずつ積み上げて」

ここから本文です
 日本人としては10人目となるフルタイムドライバーとして、今季からF1を戦っているアルファタウリ・ホンダの角田裕毅。そのルーキーイヤーの印象について、元F1ドライバーの鈴木亜久里が語った。

 鈴木と言えば、中嶋悟に次ぐ日本人ふたり目のフルタイムF1ドライバーとして、1989年からフル参戦を開始(デビューは1988年)。1990年の日本GPでは、日本人として初の表彰台、そして現時点での日本人最上位タイとなる3位を獲得した。2006年からはスーパーアグリの代表としてF1を戦い、佐藤琢磨らと共に奮闘した。

おすすめのニュース

サイトトップへ