サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > バサーストに2台のニッサンGT-R投じるKCMG、千代&松田に加え初参戦のオリベイラを招集

ここから本文です
 KCMGは1月31~2月2日に開催されるIGTCインターコンチネンタルGTチャレンジの2020年シーズン初戦、バサースト12時間に2台のニッサンGT-RニスモGT3で参戦すると発表。ドライバーには千代勝正と松田次生、さらにジョアオ・パオロ・デ・オリベイラを起用するとアナウンスした。

 2019年に続き、2台のニッサンGT-R GT3を投じるKCMG。そのうち1台はタスマニア出身のジョシュ・バードンと2020年はスーパーGT GT500を戦う千代、松田がステアリングをシェアする。

おすすめのニュース

サイトトップへ