サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜディーゼルにこだわる? マツダが国内のディーゼル車販売でトップシェアになった理由

ここから本文です

■国内でもっとも多くのディーゼル車を販売するマツダ

 マツダは2019年11月27日に、マツダのクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」搭載車の国内販売が、2019年9月末で累計50万台に達したと発表しました。

350馬力の「マツダ3」発表! 見るからに早そうなモンスターマシンとは

 SKYACTIV-Dは、従来のディーゼルエンジンより走行性能や燃費性能、環境性能を大きく進化させた新世代のエンジンとして、2012年2月に発売された「CX-5」を皮切りに、国内への導入を開始。コンスタントに販売を伸ばし、わずか8年ほどで50万台という数値を達成しました。

おすすめのニュース

サイトトップへ