サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 異業種が連携してトラックの積載効率を向上…幹線輸送スキーム開始へ 日野など

ここから本文です
日野自動車は12月4日、子会社であるNEXT Logistics Japan(NLJ)が、荷主企業、運送事業者、求貨求車サービス企業といった物流に関わる各企業の知見や技術を結集し、深刻化する物流の課題解決に向けて新たな幹線輸送スキームを事業化すると発表した。

幹線輸送スキームは、東西2カ所にクロスドック(拠点)を設け、荷主各社の荷物を集約する。荷物と車両の情報から算出した最適パターンで混載するとともに、空きスペースへの積荷マッチングし、積載効率の最大化を図る。

おすすめのニュース

サイトトップへ