サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ドヴィツィオーゾはロッシと同じ『頭でっかち』で、ライディング疎かに? チーム代表が小言もライダー余裕の受け流し

ここから本文です
 MotoGP2022年シーズンに、ペトロナス・ヤマハSRTを引き継ぐ形で参戦を開始したRNFヤマハだが、成績は芳しくない。チームを率いるラズラン・ラザリ代表はアンドレア・ドヴィツィオーゾの”分析しすぎる”傾向を快く思っていない様子だ。

 ペトロナス・ヤマハSRTは2019年にMotoGPクラスへ参入すると、インディペンデントチームの中でも特に優れた成績を記録。しかし2021年はフランコ・モルビデリが序盤で怪我を負い、バレンティーノ・ロッシも優れた成績を残すことができなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ