サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 京都の街を走ってわかったポルシェ「タイカン ターボ」の新しい世界観

ここから本文です

熟成の末に生み出された黄金比は健在

東山連峰を背に、世界的にも知られた有名な寺院が多く点在する京都洛東。そこで最新のポルシェ、それもブランド初のBEV(バッテリーEV)システムのタイカン・ターボを受け取った時点で、すでに心は期待感に満ちていた。はやる気持ちを抑えながら、京都の町を西に向かって走り出した。古都を横断する形で目指したのは、洛西の美しい景観を一望できる「嵐山高雄パークウエイ」である。

費用の相場は?ディーラー、整備工場、GS、どこに頼むべき?おさえておきたい車検の基礎知識

京都という、日本人の琴線に触れる要素と、ポルシェという崩し難い価値観の2つをいっぺんに揃えられたら、冷静なるクルマのインプレッションなど、適わない危険だってある。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン