サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WECポルティマオ|トヨタ勢、アルピーヌに先行許しPP逃す。決勝レースは接戦を予想

ここから本文です
 ポルトガルのアルガルヴェ・サーキットで行なわれている世界耐久選手権(WEC)の第2戦ポルティマオ8時間レース。6月12日(土)にはその予選が実施され、TOYOTA GAZOO Racingは2番手と3番手グリッドを確保した。

 予選でポールポジションを獲得したのは、LMP1マシンでハイパーカークラス(LMHクラス)へと参戦している、アルピーヌ36号車。トヨタ勢は7号車をマイク・コンウェイ、8号車をブレンドン・ハートレーがアタックを担当したが、どちらもアルピーヌにはわずかに届かなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン