サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ブームに乗るのは昔も同じ!? 懐かしのSUV風な車5選

ここから本文です

ブームに乗るのは昔も同じ!? 懐かしのSUV風な車5選

■歴史は繰り返す!? ちょっと懐かしいSUV風なクルマたち

 現在、人気のクルマといえばSUVです。なかでも日常での使い勝手も良い乗用車ベースのクロスオーバーSUVが一気に増えました。

「オッサングルマ」なんて呼ばせない! バブル期に登場した、イカシた4ドアセダン5選

 一方、1990年前後からクロスカントリー4WD車がけん引したRV(レクリエーショナル・ビークル)ブームがあり、当時の盛り上がり方はいま以上でした。RVにはミニバンやステーションワゴンなどが含まれていましたが、やはりクロスカントリー4WD車がもっとも人気がありました。

 しかし、クロスカントリー4WDでは大きすぎる、燃費が悪いなど、手がだせないユーザーもいたので、メーカーはアウトドアテイストながら、もっとライトでSUV風なモデルを開発。

 そこで、過去に販売された懐かしのSUV風モデル5車種をピックアップして紹介します。

●スバル「インプレッサ グラベルEX」

 スバル「インプレッサ」は、車格がアップした「レガシィ」に代わって、比較的コンパクトなセダンとステーションワゴンとして1992年に発売されました。

 初代レガシィをベースに小型軽量化されたシャシに、スバルの原点でもある水平対向4気筒エンジンを搭載。

 なかでも世界ラリー選手権に投入されたトップモデルには「WRX」の名前が冠され、2リッター水平対向4気筒DOHCターボエンジンによって驚異的な走行性能を実現しました。

 1995年には「インプレッサスポーツワゴンWRX」をベースに最低地上高を上げた、SUVテイストの「インプレッサ グラベルEX(エックス)」を発売します。

 フロントにはガードバーと、リヤにはスペアタイヤキャリアを備え、クロスカントリー4WD車のようなイメージのデザインとなっていました。

 また、WRXと同じエンジンを搭載し、そのルックスに似つかわしくない俊足さを持っていました。

 しかし、インプレッサにSUVテイストは求められていなかったのか販売は低迷し、1996年のモデルチェンジで廃止となってしまいました。

●トヨタ「スプリンターカリブ」

 1982年に発売されたトヨタ「スプリンターカリブ」は、FFコンパクトカー「ターセル/コルサ/カローラII」のステーションワゴン版として開発されました。

 高いルーフが生み出す広い室内空間は開放感があるだけでなく、荷物も多く積み込むことができ、北米でトナカイの呼び名でもある「カリブー」を冠することで、雪道での高い走破性をアピール。スキー人気の高まりとともにヒット作になります。

 発売時は「カローラ」系と同じ1.5リッター直列4気筒SOHCエンジンを搭載し、全グレードが4WDとMTの組み合わせでしたが、後にATが追加。

 1988年にモデルチェンジされた2代目からは、当時のカローラ系プラットフォームに変わり、フルタイム4WD化されます。

 エンジンも1.6リッター直列4気筒DOHCを搭載し、レジャーにクルマを利用する層からは、新感覚のスタイリッシュな4WDワゴンとして、先代以上の人気となりました。

 しかし、RVブームが本格化すると逆に販売台数は減少し、1995年に発売された3代目が2002年に販売を終了。カローラの兄弟車だったスプリンターという名も消滅してしまいました。

●日産「ラシーン」

 1994年にデビューした日産「ラシーン」は、「サニー/パルサー」をベースにしたコンパクトクロスオーバーSUVです。

 クロスカントリー4WD車のようなルックスながら低めの車高というデザインは、当時、斬新で大いに話題となります。

 上級グレードではテールゲートに設置されたキャリアにスペアタイヤが装着されており、さらにトップグレードでは大径のフォグランプとグリルガードが標準装備され、よりSUVテイストが強められました。

 搭載されたエンジンは1.5リッター直列4気筒DOHCで、フルタイム4WDシステムを全グレードで採用。しかし、最低地上高はあまり高くなかったため、「生活4駆」に近いコンセプトでした。

 1997年のマイナーチェンジでは、駆動方式がビスカスカップリング方式のセンターデフを採用した、フルタイム4WDシステム「ATTESA」に改められ、1.8リッター直列4気筒DOHCエンジンを搭載する「ラシーンft」が追加されたことで、車重に対してエンジンが非力といわれていた評価を払拭します。

 また、1998年には高性能な2リッター直列4気筒DOHCのSR20DE型エンジンを搭載した「ラシーンフォルザ」が登場。

■SUVテイストでヒット作になった2台とは!?

●ホンダ「シビックシャトル ビーグル」

 1983年にデビューしたホンダ「シビックシャトル」は、3代目「シビック」の5ドア版としてデビュー。シビックのイメージを残しつつ、ルーフを高くしたことで生まれた広い室内空間と荷室で、レジャー用途に適したステーションワゴンとなっていました。

 搭載されたエンジンは1.5リッター直列4気筒SOHCで、駆動方式は当初FFのみでしたが、1984年に4WD車を追加し、1986年には「リアルタイム4WD」(スタンバイ式4WDの呼称)に、4WDシステムが変更されます。、

 1987年に4代目シビックとともにモデルチェンジされたシビックシャトルは、4輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションの採用や、トップグレードには1.6リッター直列4気筒DOHCのZC型エンジンを搭載し、走行性能が一気に高まります。

 さらに1994年には、クロスカントリー4WDで流行した「カンガルーバー」と、大きめのフォグランプを標準装備した、現在のクロスオーバーSUVに近い「シビックシャトル ビーグル」が登場。「CR-V」が発売されるまでの間、人気グレードとしてヒットしました。

●三菱「RVR スポーツギア」(初代)

 1991年発売の三菱「RVR」は、2代目「シャリオ」のシャシを短くして、2列シートとスライドドアを片側に備えたトールワゴンです。

 車名のRVRは英語の「レクリエーショナル・ビークル・ランナー」の頭文字を取ったもので、「走りの良いRV」という意味が込められていました。

 エンジンルームを小さくして車高を高くした「ショートノーズ&トールキャビン」としたことで、広い室内空間を確保し、レジャーユースを強く意識したコンセプトのクルマでした。

 駆動方式はFFと4WDが用意され、搭載されたエンジンは当初、1.8リッター直列4気筒SOHCと2リッター直列4気筒DOHCの2種類でしたが、1992年には最高出力88馬力を発揮する2リッター直列4気筒SOHCターボディーゼルエンジンを追加ラインナップし、経済性に優れていたことで人気となります。

 また、2リッターガソリン車とディーゼル車に、1740mmのワイドボディを採用し、カンガルーバー、スキッドプレート、スペアタイヤキャリアなどを備えた「RVR スポーツギア」が登場。

 スライドドアとクラスを超える広い室内による使い勝手の良さから、RVRは長く人気を保ち、1997年に2代目が発売され2002年まで生産されました。

 そして、2010年にコンパクトSUVとして7年ぶりに復活し、マイナーチェンジとフェイスリフトが繰り返され、現在も販売されています。

※ ※ ※

 現在もSUV風なグレードをラインナップするモデルは数多く存在しますが、1990年代の方がユニークなモデルが多かった印象があります。

 昨今、どこのメーカーも似たようなクルマが多いと嘆かれることもありますが、SUV人気がさらに高まれば、より個性的なモデルが誕生するかもしれません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します