現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ハーレーダビッドソン「X350」に乗った!! 機敏で扱いやすく、エンジンに味わいもあるストリートトラッカー【試乗インプレ】

ここから本文です

ハーレーダビッドソン「X350」に乗った!! 機敏で扱いやすく、エンジンに味わいもあるストリートトラッカー【試乗インプレ】

掲載 更新 5
ハーレーダビッドソン「X350」に乗った!! 機敏で扱いやすく、エンジンに味わいもあるストリートトラッカー【試乗インプレ】

ハーレー入門にも、ビッグツイン乗りのセカンドバイクにも。

ハーレーダビッドソンジャパンは2023年10月20日、”普通二輪免許で乗れるハーレー”として「X350」を正式発表、同日に発売した。実際の納車は11月後半になるそうだが、一足早く実車に乗ることができたのでインプレッションをお届けしたい。

【2023年最新版】400ccバイクおすすめ18選! 普通二輪免許の最高峰が再ブレイク、車検付きでも意外と高くない?!



ギュッと身の詰まった佇まいはクラスを超えた存在感

思った以上にちゃんとしているなぁ……。そんなふうに言ったら失礼かもしれないが、Vツインエンジンでもなければ大型バイクでもないX350は、ともすればデザインがハーレーっぽいだけなんじゃないかと疑う方も少なくないんじゃないかと思う。でも、エンジンを始動して走り出し、最初の信号で停止するまでの間にそれは杞憂だと理解したのだった。

言葉を選ばずに言えば、とても普通。フツーである。言葉を選ぶなら『真っ当なバイク』に仕上がっていると言おうか。単にハーレーのバッジを付けて廉価に作っただけじゃない。ハーレーダビッドソン社のクオリティコントロールが機能したうえでのリーズナブルなバイクだ。

ハーレーダビッドソンが日本で正規ラインナップするマシンとして史上最小排気量のX350は、普通二輪免許で乗れるハーレーとして海外での先行発表時から注目を集めてきた。正式発表された国内価格は69万9800円。国産でライバルと言えそうなヤマハMT-03(68万7500円)やカワサキZ400(72万6000円)とガチンコで渡り合える価格設定に、ハーレーダビッドソンジャパンのやる気を感じずにはいられない。

―― 700~800ccクラスの車格を感じさせる。実際の大きさというよりも優れたデザインのおかげか。 ※ハーレーダビッドソンジャパン撮影

佇まいは、かなりハーレーらしい迫力を持っている。第一印象は『身が詰まってるなぁ』であり、排気量や価格帯から想像するようなスカスカ感は皆無。エンジンやフレームのメカニズムが剥き出しになっていて、斜め後ろから見た感じもかなりマッシブだ。

1970年代から活躍してきたフラットトラックレーサーのXR750をオマージュしたような、角ばった燃料タンクやシートカウルにシンプルな丸型メーター&ヘッドライトが、ハーレーらしさを主張。足まわりもホイールやウェーブディスクなど凝ったデザインだ。ジャックナイフ式に折り畳めるメインキーなど、遊び心もある。

扱いやすくも個性ある360度クランクの並列2気筒エンジン

エンジンを始動すると、ハスキーな低音がそこそこの音量で響きだした。音ですぐに気付くのは、360度クランクを採用していることだ。ベースモデルとなったベネリを除けば、並列2気筒エンジンを搭載する現行モデルではカワサキW800シリーズくらいしか採用例がなく、等間隔爆発という点ではBMWの水平対向2気筒エンジンとも共通するサウンド。落ち着いたアイドリング音がどこかクラシカルな印象を与える。

ちょっとだけマニアックな話をさせてもらうと、最近のモデルに採用例が少ない360度クランクは一般的に低速トルクが豊かで、その代わりに高回転側がモッサリしがち。MT-03やZ400などが採用する180度クランクは高回転パワーと弾けるレスポンスが特徴だが、低回転域ではギクシャクしやすく音は落ち着きに欠けた印象になることも。ここでライバル勢にないエンジン型式を採用してきたのが、X350の面白いところだ。

そして走り出すと、期待通りにスムーズで力強い発進加速と、柔らかく穏やかな回転上昇が味わえた。クラッチレバー操作の軽さやクラッチの切れのよさ、半クラッチのコントロールしやすさなどは印象的。シフトタッチはまずまずといったところだ。

―― 一定の速度で走り続けやすいエンジン特性でもある。(写真のライダーは青木タカオ氏)

扱いやすいエンジンとシャープな車体まわり

ライディングポジションは、自然な位置にあるハンドルバーに対しステップはややバックステップ気味。慣れの範疇ではあるが、人によってはもう少し前にしたいと感じるかもしれない。幅広でエッジの立ったシートにスリムな燃料タンクという組み合わせで自然にニーグリップでき、身長183cmの筆者でも窮屈とは感じなかった。このほか、左右のブレーキ&クラッチレバーにダイヤル式アジャスターが付いているのは嬉しいポイントだ。

前述の通り軽いクラッチレバーを引き、少しエンジン回転を上げてスルスルと発進。なんの不足も感じないトルク感で、高回転まで引っ張ると2気筒と3気筒の中間のようなサウンドに変化していく。ブォーーンというハスキーな音はドラマチックな変化こそないものの、”内燃機関を抱えて走る”というバイクの原点が実感できる。

―― 【身長175cm/体重63kg】アップハンドルを備え、グリップ位置は高く上半身がゆったりと起きるものの、バックステップのためヒザは鋭角に曲がり、アグレッシブなライポジをとることができる。(跨りインプレッションは青木タカオ氏)

いいなと思ったのは振動が少ないこと。サウンドが気持ちいいのでエンジンの存在感は伝わってくるが、低回転から高回転まで振動はずっと柔らかいまま。どんな回転域をキープしてもストレスがない。開け始めや閉じ始めのレスポンスには唐突さがなく、とにかく扱いやすいのが印象的だ。

一方で乗り心地はやや硬めだったが、これは慣らしが最小限のド新車だったせいだろう。サスペンションの減衰力を少し抜いてやることで改善され、細かい左右の切り返しなども軽快に行なえるようになった。また、走行距離が進むにつれてどんどん動きがスムーズになってきた。これはエンジンのレスポンスやシフトタッチも同様で、慣らしでどんどんフィーリングが向上していくのは外車らしさとも言える。

―― 慣らしが進んでも軽快でシャープな素性は変わらない。ただ角が取れていくような感覚だ。

φ41mm倒立フロントフォーク、右側にオフセットされたシングルショックはそれぞれ伸び側減衰力が調整でき、リヤはプリロードアジャスターも備える。減衰力アジャスターは変化がはっきりと体感できるタイプであり、フロントは無段階調整式なのでデリケートなセッティングも可能。この価格帯では珍しい装備かもしれない。

ウェーブディスクを採用したブレーキは、初期にガツンとこないスムーズな利き味で、レバーを引き込むと制動力が強まっていくタイプ。高級感があるとは言えないが、エントリーライダーにも扱いやすい特性だ。マキシス製を採用したタイヤも自然なフィーリングで、不安になる要素は皆無だった。

スポーティな走りも楽しめるよう煮詰められている

X350は、首都高速ぐらいの速度域でカーブを曲がるのも得意。低い速度域では機敏さ軽快さが際立つが、速度が上がっていくとともに安定感が増し、狙い通りにカーブに入っていくことができる。フロントフォークの動きが硬いうちはフロントタイヤが遠いようなフィーリングだったが、調整&慣らし後は手の内に入ってくるように感じられて、より自在感が増していった。

―― デザイン優先の小排気量ハーレーかと危惧もしたが、真っ当な走りが作り込まれていた。

プレス向け試乗会は時間が短かったため都内から出ることは叶わなかったが、ツーリング先でワイディングロードも楽しめそうだ。少しだけペースを上げた走りでは、フレームや倒立フロントフォークのしっかり感が際立ってくる。ブレーキは相変わらずコントローラブルで、ギヤチェンジも小気味よく決まる。フルカウルスポーツのような一体感や鋭さとは異なり、スクランブラー系の自在さとスポーツネイキッドの機敏さが同居している感じで、195kgという車重を感じさせない走りが身上だ。

車重と言えば、一般的な大人の体格なら困ることはなさそうだが、華奢な方だと停止時や押し歩きにそれなりの重さを感じるかもしれない。

ホイールベースは国産400ccネイキッドに比べてやや長く、車格もやや大きめ。個人的には、前輪を18~19インチくらいにするとハンドリングの大らかさや見た目の迫力がさらに増すのではとも思ったが、ストリートバイクとしては現状が最適解だろう。なんなら、ハーレーユーザーの多くがそうしているように、自分好みにカスタムしてみるのもいいかもしれない。

空冷スポーツスターがラインナップから外れて以来、”入手しやすいハーレー入門車”というゾーンが手薄になっていたが、期待以上にリーズナブルな価格と普通二輪免許で乗れる排気量で投入されたX350は、着実に新しいハーレーファンを増やしていきそうだ。もちろん、ビッグツインにユーザーにとっては気軽なセカンドバイクとしてもおすすめだ。

2nd オピニオン:中免で乗れるハーレーの破壊力は超ド級!

●文:Nom

女性が横に着いてくれる飲み屋さんで、趣味を聞かれてバイクと言うと、だいたい「何に乗っているんですか?」と聞かれますが、その答えが国産車だとほぼ無反応,外国車でもドゥカティやトライアンフ、ましてやMVアグスタでもその反応はほぼ同じで、「フーン」って感じ。BMWと答えると「えー、BMWってバイクも作ってるの?」と聞き返される始末です。

しかし、ハーレーダビッドソンだけは例外で、たいがいは「ハーレーに乗ってるの? すごーい!」に変わります。

―― 「ハーレーに乗っている」ということの破壊力を知る世代を代表して試乗。それでも普通二輪免許で乗れるハーレーは初めてである。

これはぼく自身の体験でもあり、友人・知人から聞いた話でもありますが、その傾向はほぼ同じで、ハーレーダビッドソンのブランド力を誇示、証明するとても分かりやすく、一般的な話です。

そう、1000ccを超える国産車でも1000万円近い外国車でも、「ハーレー」という印籠の前にはただただひれ伏すしかないのです。

そうなる理由はいろいろあり(映画にもよく出ている、ピカピカしていて高そう、バイクらしい格好をしている、大きくて立派などなど)、一般的な日本人にはバイク=ハーレー的なイメージが色濃く残っているのは否めません。ヨーロッパにおける日本ブランドの強さや、バイク乗りの間にある欧州メーカーへの羨望やブランド力などは(あえて書きますが)一切ありません。

とはいえ、誰もが高価なハーレーを手に入れることができるわけでもなく、ハーレーに乗るには大型免許という大きな障壁も存在していました。ステータスとしてハーレーに乗りたくても、わざわざ大型免許を取るのはちょっと……と二の足を踏んだ人も多いでしょう。

しかし、ついにその障壁がガラガラと崩れ落ちました。

普通二輪免許で乗ることができるハーレーが誕生したのです!

360度クランク(いまどき珍しい!)のパラツインエンジンを採用したX350とX500(こちらは要大型免許)。「Vツインじゃないハーレーなんて認めない!」とおっしゃる方もいるでしょうけど、大丈夫です。そういう方のために作ったバイクではないですから。

コロナ禍で新たに免許を取得した方やリターンした方は、自分の価値を向上させ、輝かせてくれるバイクを好むそうです。まあ、しょせんバイクなんてコスプレの道具のようなものですから、人から「すごい!」「かっこいい!」と言われるモデルに誰もが乗りたいもの。

そこに普通二輪免許で乗れるハーレーが現れ、しかも69万9800円(X500は83万9800円)というお手頃価格ですから多くの人が飛びつくはず。これは国産メーカーも脅威に感じるはずです。

350と500、短い時間ですが乗ってみました。

感想は「とてもフツー」。普通に走り出し、普通に曲がり、普通に止まります。350は軽快だけどちょっとトルクが細いかなという印象で、500はクラス相応のパワフルさを備えていました。

微に入り細に入り、至れり尽くせりの国産車に比べたら、乗っている間に不満がでてくるかもしれませんが、そんなときはメーターパネルにあるバー&シールドのロゴを見てほくそ笑めばよし。そう、あなたはあの憧れのハーレーのオーナーなのですから。

ハーレーダビッドソン X350 のスペック

―― 車名X350全長×全幅×全高2110×──×──mm軸距1410mm最低地上高143mmシート高777mm装備重量195kgキャスター/トレール24.8°/100mmエンジン型式水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ総排気量353cc内径×行程70.5×45.2mm圧縮比11.9:1最高出力36ps/9500rpm最大トルク3.16kg-m/7000rpm始動方式セルフスターター変速機6段リターン燃料タンク容量13.5Lタイヤサイズ前120/70ZR17タイヤサイズ後160/60ZR17ブレーキ前ダブルディスク+4ポットキャリパーブレーキ後シングルディスク+1ポットキャリパー価格69万9800円車体色黒、橙、銀、白発売日2023年10月20日 

X350 のスタイリングとディテール

―― クルーザー的なスタイルとは一線を画し、レーサーXR750や市販車のXR1200を彷彿とさせるトラッカースタイルでアメリカンスポーツをイメージしている。

―― 直線的なデザインで大型のシートカウルやコンパクトな燃料タンクが違和感なく収まる。前後ラジアルタイヤを履き、リヤ160mm幅は600~700ccクラスに匹敵。

―― フラット気味なバーハンドルだが幅は広すぎず。シンプルなメーターは液晶部分にオド/トリップ/時計/回転計を選択して表示できる。

―― 灯火類はフルLEDで、ヘッドライトには半円上のデイタイムランニングライトを備える。トラッカースタイルのシートカウルにはコンパクトなテールランプ&ウインカーを組み合わせる。

―― 穏やかな吹け上がりの並列2気筒エンジンは360度クランクを採用。ショートサイレンサーから吐き出されるエキゾーストノートは程よく野太いハスキーなものだ。

―― φ41mm倒立フロントフォークは右側に伸び側減衰力アジャスターを装備する。調整すると圧側にも作用するタイプだった。ブレーキディスクはウェーブタイプをダブルで装着。

―― ハーレーブランドでは珍しいチェーンドライブを採用。スイングアームは丸パイプを2本束ねたような造りで、リヤブレーキにもウェーブディスクを備える。右側にリンクレスでオフセット装着されたシングルショックは、ダイヤル式の伸び側減衰力アジャスターとダブルナット式プリロードアジャスターを装備。

―― 燃料タンクは見た目からイメージするよりもスリムで、シートは幅広。足着きの際には角がやや内モモに当たる傾向だ。シート下にはバッテリーなどが収まり、小物入れスペースなどは特にない。

―― HARLEY-DAVIDSON X350

こんな記事も読まれています

BMWが新型車「R12」「R12 nineT」を発表! R12はシート高754mmのアメリカンスポーツ
BMWが新型車「R12」「R12 nineT」を発表! R12はシート高754mmのアメリカンスポーツ
WEBヤングマシン
ミニトレ×ハンターカブで27万円台ってマジ?! ヤマハが新型車「PG-1」を発表、日本への導入もぜひ!!【海外】
ミニトレ×ハンターカブで27万円台ってマジ?! ヤマハが新型車「PG-1」を発表、日本への導入もぜひ!!【海外】
WEBヤングマシン
白かっこよ! ヤマハ「YZF-R3」に新グラフィック登場、ZUMA125やVスター250にも注目【海外】
白かっこよ! ヤマハ「YZF-R3」に新グラフィック登場、ZUMA125やVスター250にも注目【海外】
WEBヤングマシン
BMWが「F900R」「S1000R」「R1250R」の2024年モデルを発売!
BMWが「F900R」「S1000R」「R1250R」の2024年モデルを発売!
WEBヤングマシン
【ヤマハ MT-125 試乗】直感で「イイ!」と思ったら、もう迷うことはないのだ…青木タカオ
【ヤマハ MT-125 試乗】直感で「イイ!」と思ったら、もう迷うことはないのだ…青木タカオ
レスポンス
ヤマハ新型「トリシティ300」登場! マイナーチェンジで最新排ガス規制に対応&車体色を刷新!
ヤマハ新型「トリシティ300」登場! マイナーチェンジで最新排ガス規制に対応&車体色を刷新!
WEBヤングマシン
BMW新型R1300GS試乗「巨体に騙されるな!オンではネイキッドのように振り回せ、オフでは600cc並の自在感」
BMW新型R1300GS試乗「巨体に騙されるな!オンではネイキッドのように振り回せ、オフでは600cc並の自在感」
モーサイ
車体のサイズ感は中型モデル級!ヤマハの原付二種モデル「MT-125 ABS」に試乗します~小野木里奈の○○○○○日和~
車体のサイズ感は中型モデル級!ヤマハの原付二種モデル「MT-125 ABS」に試乗します~小野木里奈の○○○○○日和~
バイクのニュース
この日本車vs外国車が今いちばん熱い! 時代遅れだったはずの400ccが俄然盛り上がってきた理由とは?……〈多事走論〉from Nom
この日本車vs外国車が今いちばん熱い! 時代遅れだったはずの400ccが俄然盛り上がってきた理由とは?……〈多事走論〉from Nom
WEBヤングマシン
軽快でコーナリングが楽しい! ヤマハから新発売された原付二種ネイキッドスポーツ『MT-125』に乗ってみました!!
軽快でコーナリングが楽しい! ヤマハから新発売された原付二種ネイキッドスポーツ『MT-125』に乗ってみました!!
バイクのニュース
ホンダのスクランブラー「CL250」&「CL500」は未舗装路に強い? 楽しく走れるシーンとは? どんなライダーに向いてるか確かめた
ホンダのスクランブラー「CL250」&「CL500」は未舗装路に強い? 楽しく走れるシーンとは? どんなライダーに向いてるか確かめた
VAGUE
ヤマハYZF-R15試乗「125から排気量31ccアップ、約3万円アップ」その差分に価値はどれくらいあるか?
ヤマハYZF-R15試乗「125から排気量31ccアップ、約3万円アップ」その差分に価値はどれくらいあるか?
モーサイ
街中での機動性はピカイチ!細部まで作り込まれた車体も魅力的なホンダ「CB125R」に試乗~高梨はづきのきおくきろく。~
街中での機動性はピカイチ!細部まで作り込まれた車体も魅力的なホンダ「CB125R」に試乗~高梨はづきのきおくきろく。~
バイクのニュース
バイクの未来は電動で楽しくなる!? モビリティショーで見た期待の電動マシン7選
バイクの未来は電動で楽しくなる!? モビリティショーで見た期待の電動マシン7選
WEBヤングマシン
憧れの輸入車を普通二輪免許で!国外メーカーの中型バイク5選
憧れの輸入車を普通二輪免許で!国外メーカーの中型バイク5選
バイクのニュース
同じ名前で生まれ変わったモデル!?同名の先祖がいるバイク5選
同じ名前で生まれ変わったモデル!?同名の先祖がいるバイク5選
バイクのニュース
ヤマハ新型125ccで一番足つきが良いのは?「YZF-R125、MT-125、XSR125」3モデルを実車で比較
ヤマハ新型125ccで一番足つきが良いのは?「YZF-R125、MT-125、XSR125」3モデルを実車で比較
モーサイ
舗装路からダートまで、どこでも行ける!中型アドベンチャーバイク5選
舗装路からダートまで、どこでも行ける!中型アドベンチャーバイク5選
バイクのニュース

みんなのコメント

5件
  • 破壊力というキーワード使って書いてくださいと言われて書いた提灯記事。
    1記事500円で依頼受けたことあります。
  • 「1000ccを超える国産車でも1000万円近い外国車でも、「ハーレー」という印籠の前にはただただひれ伏すしかないのです。」などと考えている方のインプレは信用できん。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村