サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 数すくない、2スト125の公道マシンが日本上陸超ライトウェイトを操る楽しさ ※2020年6月30日・追記あり

ここから本文です
このバイクがもう少し軽かったらな…オフロードバイクに抱く思いは、世界共通で「軽さ」は正義。まるで自転車のようなライトウェイトと、パワフルなエンジンをもつ、唯一無二のジャンルこそが2st125ccクラスだ。実は、KTMがEXCシリーズを150ccへ移行してしまってから、この2st125ccのユーロ5を突破するストリートリーガル車は、ほぼBetaのみの独占状態だった。そこで現れたのが、このイタリア娘である。

【2020年6月30日追記】
当該車両、XX125/XE125は日本における販売ができなくなった旨が、正規代理店のサインハウスより発表。

おすすめのニュース

サイトトップへ