サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「存在感の希薄さと遭遇率の低さはピカイチ!」フォード版ファミリアS-ワゴン『レーザーリデアワゴンGL-X』に乗った!【ManiaxCars】

ここから本文です

外装は当時のフォード感が満載!

マツダファミリアS-ワゴンベースのレーザーリデアワゴンを捕獲

「存在感の希薄さと遭遇率の低さはピカイチ!」フォード版ファミリアS-ワゴン『レーザーリデアワゴンGL-X』に乗った!【ManiaxCars】

レーザーリデアが発売されたのは、ベースとなるBJ型ファミリアの登場から半年が経った1998年12月のこと。ボディ形状は4ドアセダンと5ドアハッチバック(ショートワゴン)が用意された。

5ドアハッチバックのグレードは、まずFFモデルが連続可変バルタイS-VTを採用した1.5L直4のZL-VE型(130ps/14.4kgm)を載せるGHIA、S-VTなしのZL-DE型(110ps/14.0kgm)を搭載するGL-XとGL-Xセレクションの3つ。

おすすめのニュース

サイトトップへ