サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ヴィタリー・ペトロフ、父の悲劇的な死に伴いF1ポルトガルGPのスチュワードを急遽辞任。決勝は代役を起用

ここから本文です

 F1第12戦ポルトガルGPでは、元F1ドライバーのヴィタリー・ペトロフがスチュワードに選出された。しかしながら、彼は予選日に父が亡くなったことを受け、スチュワードを降りることになった。


 彼の地元ロシアで報道されているところによると、ペトロフの父アレクサンダーは、ロシア西部のヴィボルグ近郊にある自宅で銃殺された模様。この悲劇により、ペトロフはドライバースチュワードとしてレースに参加することを断念し、すぐさまロシアへと帰国している。

■ハミルトン、”片膝抗議”否定のペトロフをスチュワード選出したFIAの判断を疑問視

 24日(土)の夜、FIAは声明を発表し、次のように述べている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン