サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 単なる「デザイン」の流行廃りじゃなかった! かつて流行った「4灯ヘッドライト」が消えたワケ

ここから本文です

単なる「デザイン」の流行廃りじゃなかった! かつて流行った「4灯ヘッドライト」が消えたワケ

 LEDヘッドライトになったことで4灯の必要性がなくなった

 最近、4灯式ヘッドライトのクルマを見なくなった。

[噂の検証]虫除けスプレーでヘッドライトの曇りが取れる!? 

 輸入車であれば、メルセデスEクラス(W210系、W211系)あたりが丸目4灯フェイスの最後として記憶に残るところであろう。

 国産になると1990年代の日産セドリック/グロリア(Y32系)のグランツーリスモの顔が記憶に残っているというファンも少なくないだろうし、プロジェクタータイプを並べたホンダ・インテグラ(3代目)も印象深い。

 角目4灯のフロントマスクといえば、1970~1980年代の国産車ではしばしば見かけた。個人的には、三菱ギャランラムダ、スバル・レオーネ(2代目)の顔を思い出す。

 いずれにしても、このように4灯ヘッドライトを採用した多くのクルマではハイビームとロービームをわけたことの必然だった。2灯タイプではハイビーム時にロービーム側が消えてしまうが、4灯であれば遠くを照らすハイビームと近くを明るくするロービームの同時点灯が可能で、より安全という認識もあった。もっとも、その弊害として車検時の光軸などヘッドライト検査時にロービームが邪魔してしまうためロービーム側を新聞紙などで覆って隠すという手間が発生することもあったが……。

 現在のヘッドライトが持つ機能は、そうしたハイビーム、ロービームの単純な切り替えだけにとどまらない。多くのクルマがLED光源のヘッドライトを与えられ、いくつもの光源を状況に応じて切り替えることで先行車を避けながら、路肩は遠くまで照らし出すといったワザを実現しているヘッドライトも多い。なかには片側だけで100個近いLED光源を与えられたクルマもあるほどだ。

 形状の自由度が高まったことで丸目ヘッドライトも増えている

 そうしたテクノロジーが当たり前になっていることを考えると、ハイビームとロービームの同時点灯が可能という4灯ヘッドライトのメリットはなくなっている。むしろ、最新のLEDヘッドライトは、かつての4灯が目指した広い照射範囲という狙いを受け継いだ正常進化といえるのかもしれない

 さらにLEDヘッドライトでは形状の自由度も高く、丸目、角目といったかつてヘッドライトが規格品だった時代とは異なるデザイン性を有している。あえてヘッドライトをわける必要もなく、4灯フェイスというのは完全に過去の意匠になったといえるだろう。

 とはいえ、レトロ調のトレンドというのは確実にあり、LEDヘッドライトながらクラシカルな丸目フェイスとしているクルマは増えている印象がある。輸入車でいえばBMW MINIがその代表格であるし、新しくなったFIAT500も同様だ。国産でもホンダのN-ONEやHonda eは丸目2灯の雰囲気をうまく再現している。

 その意味では、リバイバルデザインとして4灯ヘッドライトが、現在の技術によって蘇る可能性はゼロではないだろう。たとえば、ダッジ・チャレンジャーのフロントマスクはそうしたトレンドが生まれつつあることを感じさせる。

 また、純粋な意味では4灯ヘッドライトとは言いづらいかもしれないが、三菱のダイナミックシールドフェイスに共通する複数の四角いライトをバンパーに埋め込むという意匠も、いま風にアレンジした4灯マスクといえなくもない。

 いずれにしても、かつての4灯ヘッドライトは照射範囲を広くするためのアイディアであり、現在はLEDヘッドライトによってそうした狙いが実現できているため、ハイビームとロービームをわける意味はなく、かつてと同じような4灯フェイクが復活することはないだろう。ただし、リバイバルブームの中で、スタイリングやブランドのアイデンティティとして4灯フェイスが増えてくる可能性は否定できない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します