サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > コロナ禍でバイク新車販売好調、250ccクラスは3年連続プラス 2021年度上半期

ここから本文です

コロナ禍でバイク新車販売好調、250ccクラスは3年連続プラス 2021年度上半期

全国軽自動車協会連合会は10月8日、2021年度上半期(4~9月)の軽二輪車新車販売台数を発表。前年同期比7.0%増の4万6326台で、3年連続のプラスとなった。

ホンダは同0.8%減の2万0526台と、微減ながら5年ぶりのマイナスとなったが、4年連続のトップとなった。2位ヤマハは同12.0%減の1万0251台と大きく数字を落とした。しかし、3位スズキは同27.2%増の7398台、4位カワサキは同55.4%増の4812台、輸入車などのその他は同63.0%増の3339台だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します