サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 輸入車販売 23.2%減の11万4380台、上位10ブランドでプラスはポルシェのみ 2020年上半期

ここから本文です

日本自動車輸入組合は7月4日、2020年上半期(1~6月)の輸入車新規登録台数(外国車メーカー)を発表。前年同期比23.2%減の11万4380台で、2年連続のマイナスとなった。

ブランド別では、首位メルセデスベンツが2万4994台(同21.3%減)、2位フォルクスワーゲンが1万7988台(同25.3%減)、3位BMWが1万5820台(同32.6%減)。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響もあり、主要3ブランドは2~3割の大幅減となった。

ここ数年、好調な販売が続いていたジープやボルボ、プジョーもマイナスに転じた。

おすすめのニュース

サイトトップへ