サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 三菱eKクロス/eKワゴンが一部改良。予防安全技術の機能が向上

ここから本文です
三菱は8月20日、軽ハイトワゴンの「eKクロス」、「eKワゴン」に予防安全技術「e-Assist」や高速道路同一車線運転技術「マイパイロット(MI-PILOT)」の機能向上など、安全性・快適性を向上させる一部改良を実施。同日より販売を開始した。価格は132万5500~182万500円。おもな変更点は下記のとおり。


■アクティブセーフティの進化1)標識検知機能「TSR」
車両進入禁止標識、最高速度標識、一時停止標識を検知し、警報ブザー(車両進入禁止標識のみ)とインフォメーション画面表示でドライバーに注意を促し、標識の見逃しを予防する。

おすすめのニュース

サイトトップへ