サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 利用者にメリットが薄いのになぜ普及? “次世代”ETC2.0を取り巻く謎

ここから本文です
 いまやほとんどのクルマが装着しているETC車載器。高速道路でも「一般レーン」を通るクルマの数はあまり多くない。都市部では2025年度、地方部では2030年度に高速道路のETC専用化が実施される計画もあり、もはやETCは高速道路通行の必須アイテムになっている。

 そんなETCに、近年ETC2.0が登場した。利用率の集計が始まった平成28年4月から現在に至るまで、大きなメリットといえるものを利用者に提示しできていない。

おすすめのニュース

サイトトップへ