サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【くるま問答】今さら聞けないラジアルタイヤの基本構造。タイヤの工夫や種類などについて解説

ここから本文です
クルマの中で重要なパーツは多くあるが、路面との唯一の接点という意味で、タイヤは最も重要といえるだろう。黒くて硬いゴムでできていて、装着されていて当たり前のように思われているタイヤだが、いろいろな工夫が詰め込まれている。ここでは、ざっくりとタイヤの構造や種類について解説する。

タイヤは外側だけではなく中身の構造も大事
タイヤはゴムでできていると単純に思われがちかもしれない。だが、内部にはいろいろな工夫が凝らされている。強度、耐久性向上のためには、カーカス、スチールベルト(ラジアルタイヤの場合)があり、ホイールに噛み合う部分としてビードがある。

おすすめのニュース

サイトトップへ