サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > エスティマ生産終了から2年! 後継車は未だ現れず 未来的な卵型フォルムはEVやFCVとなってよみがえる!?

ここから本文です
トヨタのミニバン「エスティマ」が2019年秋に生産を終了してから、早くも2年が経過しようとしている。Mクラスの「ヴォクシー」「ノア」とLクラスの「アルファード」の中間に位置したエスティマだが、他のミニバンとは異なる独自の個性で支持を集めていたモデルだ。一番のライバル車だった「ホンダ オデッセイ」も2021年中の販売終了を発表。ユーザーからは「次に乗り換えるクルマがない」との悲痛な声も聞かれる。そんなエスティマの次期モデルは、案外EVやFCVとなってよみがえってくるかもしれない。

おすすめのニュース

サイトトップへ