サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 衝撃! トヨタ「スープラ」にオープン仕様登場! イカす屋根開き車3選

ここから本文です

衝撃! トヨタ「スープラ」にオープン仕様登場! イカす屋根開き車3選

■スープラにオープンモデルが登場!? イカすオープンを3台紹介!

 世の中には、さまざまなオープンモデルが存在します。現在の日本市場では、マツダ「ロードスター」、ホンダ「S660」、ダイハツ「コペン」などしか販売されていませんが、海外や過去にはイカすオープンが存在しました。
 
 今回は、そのなかから3台を紹介します。

そっくりすぎるミニGT-Rが爆誕! なぜ軽自動車をGT-R風に?

●トヨタ「スープラ」

 2020年はオンラインイベント「SEMA360」という形式での開催となった人気カスタムイベント「SEMAショー」にて、トヨタは「スープラ」の特別なオープンモデルの存在を明かしました。

「GRスープラスポーツトップ」と名付けられたそのモデルは、2019年にデビューした「GRスープラヘリテージエディション」での大きな反響に影響されて企画されたモデルです。

 かつての歴代スープラに設定されていたリムーバブルトップモデルへのオマージュをコンセプトに、ルーフや構造の大部分を取り外しています。

 オープンモデルにするためにフレームの大部分を補強することで構造剛性を確保。

 取り外したルーフは、トランクに収納可能で、Tトップ方式とは異なり、中央にセンターバーはありません。

 また、ルーフ後端にはピアノブラックのキャノピーを採用するなど、印象的なスタイリングとなっています。

 現時点で、GRスープラスポーツトップの発売は未定ですが、発売されれば大きな注目が集まることは間違いなさそうです。

●スマート「クロスブレード」

 1998年に、ダイムラーグループと、スイスの時計メーカー「スウォッチ」が共同で立ち上げた会社「MCC」から展開されたブランドがスマートです。

 スマートは、全長2500mmながら強固なモノコックシャシを採用。その頑丈なシャシにより、当時のメルセデス・ベンツ「Eクラス」と正面衝突しても、キャビンに生存空間が残るほど安全という作りになっていました。

 2001年には、オープンカーモデルとして「スマートカブリオ」をベースに「クロスブレード」が登場します。

 ボディにはルーフやフロントウインドウは存在せず、ドアの代わりにバータイプのものが装着されるのみです。

 内装は防水処理がされており、駐車中に内装を保護するトノカバーは付属されていましたが、走行中に雨が降っても乗員は濡れたままでした。

 パワーユニットは600cc直列3気筒ターボを搭載。最高出力70馬力にチューンナップされ、外観には専用デザインのバンパーやフェンダー、ホイールなどを装着。

 日本では2002年に25台が限定販売されて完売。さらに2003年に34台が追加で限定販売されました。

■日産のSUVにオープンがあった?

●日産「ムラーノ クロスカブリオレ」

 日産が2015年まで日本でも販売していたSUV「ムラーノ」。2020年現在でも、北米市場などでは継続して販売されています。

 そのなかで、日本で最後に販売していた2代目モデルをベースにした派生車が「ムラーノ クロスカブリオレ」です。

 このムラーノ クロスカブリオレは主に北米市場専用となり、ベースに対して屋根を取り去り電動の幌を装着していました。

 さらに4ドアだったボディパネルを作り直して2ドア化。ハッチバックをトランクに作り変えているなど、本格的なオープンモデルとなっています。

 2014年に北米市場で現行の3代目ムラーノが発売されると同時にムラーノ クロスカブリオレは姿を消しました。
 
 なお、ランドローバーもかつて日本で「レンジローバー イヴォークコンバーチブル」を販売しており、発売当時には大きな話題となりました。

※ ※ ※

 オープンなモデルは決して爆発的な販売台数を記録することはありません。それでも、設定されるのには少なからずユーザーのニーズがあるからなのでしょうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します