サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 遺恨残す接触。ハミルトンへのブレーキテストでフェルスタッペンに10秒加算ペナルティ。2人は同点で最終戦へ/F1第21戦

ここから本文です

遺恨残す接触。ハミルトンへのブレーキテストでフェルスタッペンに10秒加算ペナルティ。2人は同点で最終戦へ/F1第21戦

遺恨残す接触。ハミルトンへのブレーキテストでフェルスタッペンに10秒加算ペナルティ。2人は同点で最終戦へ/F1第21戦

 F1第21戦サウジアラビアGP決勝においてマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)との間に接触が起きた件について、審議が行われた結果、フェルスタッペンに10秒のタイム加算ペナルティおよびペナルティポイント2が科された。このペナルティによる順位の変動はなく、フェルスタッペンは2位を維持する。

 レース中盤、フェルスタッペンがリード、ハミルトンが僅差で追う展開のなかで、ハミルトンが仕掛けた際に、フェルスタッペンはターン1でコース外を使用して前の位置を維持した。フェルスタッペンは、チームからポジションを返すように指示が出た後、ターン27に向けて大幅に減速、ポジションを譲られると知らなかったハミルトンは避けられずに接触した。

接触したフェルスタッペンとハミルトン、スチュワードから召喚受ける。ペナルティの可能性も/F1第21戦

 ハミルトンはウイングにダメージを負ったが、幸い走り続けることができた。フェルスタッペンは接触後も前の位置を走行し続け、一瞬譲った後に、すぐにポジションを取り返した。しかし結局はハミルトンに抜かれて2番手に落ちる結果となった。

 フェルスタッペンには、コース外を使ってアドバンテージを得たとして5秒加算のペナルティが科され、さらにこの接触について、レース後に審議が行われた。

 その結果、フェルスタッペンが突然ブレーキをかけたことが接触の主な原因であるとスチュワードは判断し、この種のインシデントでの標準的なペナルティとして、10秒加算のペナルティが科された。

 スチュワードは、接触の状況を次のように説明している。フェルスタッペンはチームから「戦略的に」ポジションを戻すよう言われていたため、DRSディテクションポイントの前で譲ろうとした。ハミルトンの方はその時点で、フェルスタッペンがポジションを戻そうとしていることを知らなかった。スチュワードは、フェルスタッペンにペナルティを科す大きな理由となったのは「33号車のドライバーが突然(69 bar)激しくブレーキを踏み、2.4gの減速が生じたこと」だと述べている。

「44号車のドライバーは、33号車が最初に減速した際にオーバーテイクすることは可能だったということは認めるが、彼(そして33号車のドライバー)がDRSポイントを最初に通過することを望まなかったことを我々は理解する」

「しかしながら、スチュワードは、33号車のドライバーによる突然のブレーキングは一貫性のあるものではなく、それが衝突の主な原因になったと判断する」

 サウジアラビアGPでハミルトンが優勝し、ファステストラップも記録、フェルスタッペンが2位になったことで、タイトル争いをするふたりは同点で最終戦に臨むことになった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します