サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トンネル工事の無人化へ、ローカル5Gを活用して建設車両を遠隔操縦

ここから本文です
西松建設は、国内で初となる、トンネル坑内でローカル5Gを使用したホイールローダの遠隔操縦を試行した。10月8日に発表した。今回の試行を足掛かりにトンネル工事の無人施工の実現に向けて取り組みを加速する。

同社はカナモト、浅草ギ研、ジオマシンエンジニアリングと共同で山岳トンネル掘削時のずり運搬に使用されるホイールローダをローカル5G通信を使って遠隔操縦するシステムを開発した。ローカル5Gを使用するホイールローダ遠隔操作システムは遠隔操作システム、映像・制御信号通信システム、安全走行管理システムで構成する。

おすすめのニュース

サイトトップへ