サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > カー用品 > ディスプレイに後方視界を表示! 次世代型ヘルメット「クロスヘルメットX1」が国内クラウドファウンディングでスタート

ここから本文です

ディスプレイに後方視界を表示! 次世代型ヘルメット「クロスヘルメットX1」が国内クラウドファウンディングでスタート

リヤカメラの映像をヘルメット内に表示

360度の視界を手に入れることができるのみならず、サウンドコントロールシステム搭載を搭載した次世代スマートヘルメッ ト「クロスヘルメットX1」が、5 月20日から「マクアケ」にてクラウドファンディングキャンペーンを開始しました。

【画像ギャラリー9点】後方カメラ映像だけでなく、ナビ情報も投影されるヘッドアップディスプレイに注目

クロスヘルメットX1はバイク用ヘルメット業界初となる専用設計の双眼式HUD(ヘッドア ップディスプレイ)と超広角リアカメラを備え、前方と後方合わせて360度の視界をライダーにもたらしてくれというヘルメットです。

また、2.4GHzワイヤレス接続機能を搭載し、スマートフォンとの連携を行うことも可能で、iOSかAndroidの専用アプリを使用し、HUD上にナビゲーション情報や到着予想時刻、天気予報、通信状況などの情報を表示することができます。

さらに、スピーカーも内蔵されており、音楽やラジオを聞けるだけでなくライダー同士のグループトークも可能という、まるでSF映画に登場するアイテムのような機能も備えています。

ヘルメット自体の安全性能は、北米規格DOTに準拠、欧州ECE、日本JIS規格認証を進行中で、その他各電波法令にも準拠しています。

そして、写真のようにクロスヘルメットX1はデザインも大きな特徴なのですが……それもそのはず。
開発・販売を行う株式会社Borderlessは、ヤマハ発動機のモーターサイクルデザインを担当するGKダイナミックスに所属していた工業デザイナー・大野 新さんによって設立された企業なのです。
(大野さんはGKダイナミックス所属時にはMT-09、FJR1300、YZF-R1などのデザインに携わっています)

クロスヘルメットX1のプロジェクト自体は2014年から開始されており、2017年の海外クラウドファンディングキャンペーンにて目標金額の300%を達成。
その後、量産に向けた開発を進め、国内販売に向けた体制を整ることを目的とし、国内でのキャンペーン開催される運びとなったのです。
*一般販売価格は18万9000円ですが、5月20日から60日間のキャンペーン期間中は個数限定で最大25%オフの応援価格での購入が可能

サイズはMサイズ(58~60cm)、L サイズ(61~62cm)をラインアップ。クラウドファウンディング支援者向けの出荷開始時期は、2020年11月中旬が予定されています。

まとめ●モーサイ編集部・上野 写真●クロスヘルメット

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します