サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > VWが電気自動車ID.シリーズ好調で自社製電池の生産力をアップ。2030年には欧州販売の7割をBEVに

ここから本文です
独フォルクスワーゲンは5月10日、電動モデル「ID.3」および「ID.4」が搭載するバッテリーについて発表を行った。ID.シリーズは内製バッテリーを搭載し、出力や航続距離の異なる豊富なラインアップを実現。安全性の高さもアピールする。

電動車専門のサブブランド「ID.」からは、ハッチバックのID.3、クロスオーバーSUVのID.4と矢継ぎ早にブランニューモデルが登場し、特にID.4は本年のワールド・カー・オブ・ザ・イヤーに輝くなど注目を集めている。さらに、発表されたばかりの高性能版「ID.4 GTX」もEVのGTI版として話題となるなど、その勢いは留まるところを知らない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン