サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 性能向上著しい1980年代にデビュー! 過渡期だったけど魅力あふれる高性能車3選

ここから本文です

■1980年代に登場した発展途上の高性能車を振り返る

 1970年代に日本では排出ガス規制の強化によって、高性能車は消えるかパワーダウンを余儀なくされました。しかし、排出ガス規制への対応が一段落した1979年に、日産は日本初のターボエンジン車「430型 セドリック/グロリア」を発売し、すぐにターボ車の拡大を開始。

ホンダ新型「インテグラ」を発売! ターボ搭載で6MTも設定 約232万円から

 そして、1980年代になるとDOHCエンジンも増え始め、さらにDOHC+ターボというベストな組み合わせの高性能エンジンも登場し、メーカー間のパワー競争が激化して、国産車の高性能化が一気に加速しました。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン