現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 720ps!レーシングテクノロジーを投入したフェラーリ488Pista登場! [ジュネーブ・モーターショー2018]

ここから本文です

720ps!レーシングテクノロジーを投入したフェラーリ488Pista登場! [ジュネーブ・モーターショー2018]

掲載 更新
720ps!レーシングテクノロジーを投入したフェラーリ488Pista登場! [ジュネーブ・モーターショー2018]

ジュネーブモーターショーで登場したフェラーリ488Pista。エンジンだけでなくエアロダイナミクの向上や軽量化など、フェラーリがモータースポーツで得たノウハウを注ぎ込んだ究極のV8フェラーリです。

毎年ジュネーブショーで何かしらの新型車を発表するフェラーリ。今年のフェラーリブースを飾った488Pista(ピスタ)は、実に720psというパワーを誇る488のスペチアーレモデルです。ピスタというのはイタリア語でサーキットを意味するのですが、その通り、ワンメイクスレースの488チャレンジやFIA世界耐久選手権で2連覇を達成した488GTEがサーキットの実戦で培ったテクノロジーが惜しげもなく投入されている1台です。

究極のNAマシン!ポルシェ911GT3RSがさらに進化! [ジュネーブ・モーターショー2018]

 まずエアロダイナミクですが、フロントまわりは通常の488とは一新されており、特にインテークから取り入れたエアをボンネットのベントから排出する「Sダクト」に注目。実物を見てもかなりの迫力で、通常の488とはまったく違うカッコ良さを生み出しています。このロードカーには世界で初めて導入されたテクノロジーや、量産モデルより30mm高く、40mm長くなったリヤスポイラー、488GTEでも採用された二重のキンクラインを持つリヤディフューザーなどで、488GTBに比べてダウンフォースを25%も増大しています。

 エンジンはチタン製コンロッド、特製バルブと新設計カムプロファイル、強化ピストンとシリンダーヘッド、超合金インコネル製エグゾーストマニフォールドなどで488GTBを50ps上回る720psを発生。トルクも同じく10Nm像の770Nmを達成しています。その結果パフォーマンスは0-100km/h加速は2.85秒、最高速度は340km/hという数字を実現しています。

 軽量化についても徹底されています。フロントバンパーからボンネット、リヤバンパー、リヤスポイラーはすべてカーボン製となっており、リヤウインドウはレクサンという軽量素材を使用、さらにホイールはフェラーリ初採用のカーボン製リム。これらの成果として重量は488GTB比マイナス90kgの1385kgとなっています。パワーウエイトレシオは実に1.92kg/psという驚異的な数字です。

 他にもエンジン・クーリング系やサスペンション、ブレーキ、ダイナミック・ビークル・コントロール・システムなどあらゆる面が見直されており、そのすべてはとてもここでは書き切れないほど。まさにV8モデル歴代最高峰のフェラーリだと言えるでしょう。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

映像公開! ド迫力のスバル「プロジェクト・ミッドナイト」がヒルクライムに挑んだ
映像公開! ド迫力のスバル「プロジェクト・ミッドナイト」がヒルクライムに挑んだ
レスポンス
ホンダ新型「“小さい”ミニバン」登場! 4WD性能も大進化 & 3列目の乗り心地も「GOOD!」 “FF VS 4WD”実際どうなのか?
ホンダ新型「“小さい”ミニバン」登場! 4WD性能も大進化 & 3列目の乗り心地も「GOOD!」 “FF VS 4WD”実際どうなのか?
くるまのニュース
女性だけのフォーミュラカーカテゴリーが日本で誕生。KYOJO CUPが2025年から使用のハイブリッドF4車両をお披露目
女性だけのフォーミュラカーカテゴリーが日本で誕生。KYOJO CUPが2025年から使用のハイブリッドF4車両をお披露目
motorsport.com 日本版
ミッフィーに鉄腕アトムって信号無視も減ること確実! 世界の映え確実な「キャラ歩行者信号機」
ミッフィーに鉄腕アトムって信号無視も減ること確実! 世界の映え確実な「キャラ歩行者信号機」
WEB CARTOP
北米版『日産 エクストレイル』のオフロード仕様「Rock Creek」がかなりシブい[詳細画像]
北米版『日産 エクストレイル』のオフロード仕様「Rock Creek」がかなりシブい[詳細画像]
レスポンス
スズキ新型「アルト」まもなく登場!? “超”軽量化で「600kg以下」に? めちゃ楽しそうな「ウルトラライト軽」誕生か
スズキ新型「アルト」まもなく登場!? “超”軽量化で「600kg以下」に? めちゃ楽しそうな「ウルトラライト軽」誕生か
くるまのニュース
角田裕毅、レッドブルF1の現行規則マシンで急遽ドライブも「全開じゃないのでカラーリングが違うだけ」
角田裕毅、レッドブルF1の現行規則マシンで急遽ドライブも「全開じゃないのでカラーリングが違うだけ」
motorsport.com 日本版
プジョー9X8の新たなレースドライバーは、リザーブを務めるマルテ・ヤコブセンに決定
プジョー9X8の新たなレースドライバーは、リザーブを務めるマルテ・ヤコブセンに決定
AUTOSPORT web
「第二アクアライン」実現へ本腰!? 花火大会にまで“名称復活” 10年を経て現実味帯びる“意外な理由”とは
「第二アクアライン」実現へ本腰!? 花火大会にまで“名称復活” 10年を経て現実味帯びる“意外な理由”とは
乗りものニュース
WGPの遺伝子を受けついだ海外専用2ストマシン ヤマハ「RD350」が海外オークションに登場 80年代の“極上モデル”その落札価格とは
WGPの遺伝子を受けついだ海外専用2ストマシン ヤマハ「RD350」が海外オークションに登場 80年代の“極上モデル”その落札価格とは
VAGUE
新たな日産「R34 スカイライン GT-R」誕生! 究極のRB26搭載×ボルト1本までカスタム!?  5500万超えの最強モデルとは
新たな日産「R34 スカイライン GT-R」誕生! 究極のRB26搭載×ボルト1本までカスタム!? 5500万超えの最強モデルとは
くるまのニュース
2連勝中のメルセデス、酷暑のハンガリーはやっぱり苦手? ハミルトン「良い1日ではなかった」
2連勝中のメルセデス、酷暑のハンガリーはやっぱり苦手? ハミルトン「良い1日ではなかった」
motorsport.com 日本版
「バイク専用ナビ」開始!【パイオニア】が「MOTTO GO」公式版で安全・快適なツーリングをサポート  
「バイク専用ナビ」開始!【パイオニア】が「MOTTO GO」公式版で安全・快適なツーリングをサポート  
モーサイ
レッドブル昇格に意欲を示す角田裕毅「上位争いの準備はできている」ローソン説には「彼が選ばれるとしたら奇妙」
レッドブル昇格に意欲を示す角田裕毅「上位争いの準備はできている」ローソン説には「彼が選ばれるとしたら奇妙」
AUTOSPORT web
ホンダ 新型CR-V正式発表!プラグイン充電機能を持つ燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」は809万4900円なり
ホンダ 新型CR-V正式発表!プラグイン充電機能を持つ燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」は809万4900円なり
Webモーターマガジン
ウイリアムズ、オコンがシートフィッティング実施? しかしボウルズ代表「我々の道は交わらないだろう」
ウイリアムズ、オコンがシートフィッティング実施? しかしボウルズ代表「我々の道は交わらないだろう」
motorsport.com 日本版
スズキ新型「SUV」発表! 4.3m級ボディ&MT設定あり! 約470万円の“SX4後継機“! 安全装備も進化の「エスクロス」西に登場
スズキ新型「SUV」発表! 4.3m級ボディ&MT設定あり! 約470万円の“SX4後継機“! 安全装備も進化の「エスクロス」西に登場
くるまのニュース
【鈴鹿8耐】ドゥカティファクトリーマシンで速さ見せるTeam KAGAYAMA、それでも耐久レースは未知「何が起こるかわからない」
【鈴鹿8耐】ドゥカティファクトリーマシンで速さ見せるTeam KAGAYAMA、それでも耐久レースは未知「何が起こるかわからない」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3150.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

2650.04496.5万円

中古車を検索
488GTBの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

3150.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

2650.04496.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村