サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ヨコハマ アイスガード7 試乗】氷上性能と雪上性能 両方の最適解を探りつつアイスガード7はさらなる氷上性能向上へ

ここから本文です

今年2月、横浜ゴムが北海道に所有するテストコース"北海道タイヤテストセンター"にて、同社がこの度発表した新スタッドレスタイヤ『アイスガード7』(ice GUARD iG70)をテストした。

◆スタッドレスユーザーが重視するのは「氷上性能」「雪上性能」「長もち性能」の順

「ガーデックス」の名で1985年に登場した横浜ゴムのスタッドレスタイヤは、数年ごとにモデルチェンジを重ねてきた。現在の主力製品である2017年発売の『アイスガード6』(ice GUARD iG60)はその名の通り6世代目。それが今年アイスガード7として生まれ変わる(アイスガード6も併売される)。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン