サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 意外とイケてたのに短命だったモデル!? 再評価されるべきホンダの迷車3選

ここから本文です

意外とイケてたのに短命だったモデル!? 再評価されるべきホンダの迷車3選

■フルモデルチェンジすることなく一代で終わったホンダ車

 1963年以来、4輪自動車を販売してきたホンダは、数多くの名車を世に送り出しました。

「オッサングルマ」なんて呼ばせない! バブル期に登場した、イカシた4ドアセダン5選

 その一方で、フルモデルチェンジすることなく一代で終わったモデルも存在。

 そこで、さまざまな理由で販売が低迷し短命に終わったホンダ車を、3車種ピックアップして紹介します。

●キャパ

 ホンダのトールワゴンタイプのコンパクトカー「キャパ」は、1998年に発売されました。

 当時、ホンダは「生活創造車」という基本理念で展開された「クリエイティブ・ムーバー」シリーズを販売しており、「オデッセイ」や「CR-V」などが該当。そこから派生したコンパクトクラスを「Jムーバー」と呼び、その第1弾がキャパです。

 キャパはベーシックなコンパクトカー「ロゴ」をベースに開発され、ボディサイズは全長3775mm×全幅1640mm×全高1650mm、最小回転半径4.8メートルの扱いやすいコンパクトボディながら、フラットなフロアで広い室内空間を実現していたのが特徴です。

 グレードは装備の違いで「C」と「D」の2種類で、エンジンは両車とも98馬力を発揮する1.5リッター直列4気筒SOHCを搭載し、トランスミッションはCVTのみです。なお、発売当初は2WD(FF)だけで、後に4WDが追加されました。

 価格は139万8000円(東京価格、消費税含まず)からと低く設定されながら、両席エアバッグやABSを標準装備し、多彩なアレンジが可能なリアシート、14.8km/L(10・15モード)という低燃費を実現するなど、真面目なコンパクトカーという印象です。

 しかし、この真面目さからか、スペック的にライバルを突き放すほどの目立ったアピールポイントが無く、肝心のベースとなったロゴも売れておらず、キャパの販売は低迷。

 次世代のコンパクトカー「フィット」をベースにしたコンパクトミニバン「モビリオ」と併売されていましたが、キャパの販売は好転することなく4年に満たない期間で販売を終了します。

●アヴァンシア

 1991年から2008年にかけて、ホンダはステーションワゴン「アコードワゴン」をラインナップしていました。

 セダン、クーペとともに、アコードワゴンは人気がありましたが、さらにステーションワゴンのラインナップを増やすため、「アヴァンシア」を1999年に発売します。

 ターゲットはアコードよりも上の年齢層で、大人のためのリムジン的なステーションワゴンをコンセプトに開発。

 デザインは当時のアコードワゴンよりもシックかつ高級感のあるもので、流麗なフォルムのボディでした。

 ボディサイズは全長4700mm×全幅1790mm×全高1500mm(2WD)とワイドに設定され、アコードワゴンに比べ広い室内空間を実現しています。

 エンジンは2.3リッター直列4気筒と3リッターV型6気筒を搭載し、駆動方式はFFと4WDが用意されていました。

 アヴァンシアは販売台数低迷により2003年に生産を終了しますが、アコードワゴンとバッティングするサイズ感や、ミニバンの「オデッセイ」「ステップワゴン」が高い人気を博していたことが影響したといえるでしょう。

■秀逸なスタイルながら販売状況は厳しかったスポーツセダン

●アスコットイノーバ

 かつて、ホンダの販売チャネルは「トゥデイ」や「シビック」といった小型車を主に扱う「プリモ店」、アコードや「レジェンド」などミドルクラス以上のモデルを主に扱う「クリオ店」、「インテグラ」や「プレリュード」などスポーティなクルマを主に扱う「ベルノ店」の3つに分かれていました。

 そのプリモ店から1992年に発売されたスポーツセダンが「アスコットイノーバ」です。クリオ店のアコードに対してプリモ店には姉妹車の「アスコット」があり、その派生車としてラインナップされました。

 ボディサイズは全長4670mm×全幅1695mm×全高1380mm(2リッターエンジン車)と、アコードと同等のサイズとされていましたがデザインは大幅に異なり、欧州車テイストの4ドアハードップと6ライトウインドウが特徴となっています。

 搭載されたエンジンは2リッター直列4気筒SOHCとDOHC、2.3リッター直列4気筒DOHCの3種類で、足まわりは当時のホンダ車が広く採用していた4輪ダブルウィッシュボーンとするなど、スポーティな走りを実現。

 しかし、アスコットイノーバの販売は低迷し、1996年に生産を終了。セダンとして王道を行くアコードのデザインに対し、クーペに近いアスコットイノーバのデザインは、現在でも通用するくらいスタイリッシュに見えますが、出るのが早すぎたのかもしれません。

※ ※ ※

 莫大な費用と時間を掛けて新型車を開発したとしても、すべてのクルマが売れるわけではありません。

 今回、紹介した3台はどれも個性的なデザインで、スペックなどに決定的な欠陥があるわけでなく、いまなら再評価されても不思議ではありませんが、当時はユーザーに受け入れられませんでした。

 新型車開発の難しさがよくわかる3台ではないでしょうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します